/

東北電力、能代火力発電所3号機が営業運転を開始

発表日:2020年3月2日

能代火力発電所3号機の営業運転開始について

~高い経済性と二酸化炭素排出量の低減を両立~

当社能代火力発電所3号機(秋田県能代市、出力60万kW、燃料:石炭)は、本日、営業運転を開始いたしました。

3号機は、超々臨界圧方式を採用し蒸気温度を向上させることで、石炭を使用する発電設備としては世界最高水準の熱効率約46%(低位発熱量基準)を達成しました。

これにより、高い経済性と二酸化炭素排出量の低減を両立できるものと考えております。

また、3号機は、賦存量が多く石炭灰の発生が少ない亜瀝青炭の使用を拡大出来ることも特徴としており、廃棄物発生量の低減も期待されます。

当社といたしましては、3号機の営業運転開始により、引き続き、安全確保を最優先に、安定した電力の供給に努めてまいります。

以上

・(別紙)能代火力発電所3号機の概要

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0530032_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン