/

イトーキ、シャトル式立体自動倉庫システム「システマストリーマー」の新機種「SAS-R」を発売

企業:イトーキ
産業:

発表日:2020年2月28日

省人化・効率化を促進するシャトル式立体自動倉庫システム『システマストリーマー SAS-R』を発売

株式会社イトーキ(本社:東京都中央区 社長:平井嘉朗)は、高速化・小型化を追求したシャトル式立体自動倉庫システム「システマストリーマー」の新機種「SAS-R」を発売します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

現在、消費者の購買スタイルの変化に伴うネット通信販売の市場拡大によって物流業界に対する需要が大幅に増加しており、取扱品に関わらずどの業種においても人手不足が深刻な社会的問題となっています。さらに、より多品種・小口・多頻度の配送サービスの増加によって、物流センターには物量増加への対応だけでなく高速・高度なオペレーションも求められています。

イトーキでは、こうした物流業界全体を取り巻く社会的課題解決の一端を担うべく、35年に亘る納入実績を誇るシャトル式立体自動倉庫システム「システマストリーマー SAS」を、安定性と信頼性はそのままに高速化・小型化をコンセプトとして、新機種「SAS-R」へとフルモデルチェンジしました。

※シャトル式立体自動倉庫システム「システマストリーマー」は、商品の高速な入出庫機能と一時保管機能を合わせ持ち、前後工程の処理能力差の吸収と、入庫された商品を購入者別・配送先店舗別などに仕分けて順立出庫する「高速バッファ仕分け装置」です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529924_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0529924_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン