/

三菱ケミカル、スイスのエンジニアリングプラスチックリサイクル会社・Mingerグループを買収

発表日:2020年2月26日

欧州におけるエンジニアリングプラスチックのリサイクル会社の買収について

三菱ケミカル株式会社(本社:東京都千代田区、社長:和賀 昌之、以下「当社」)は、サーキュラーエコノミー(循環型経済)の推進に向けた取り組みの一環として、スイスにあるエンジニアリングプラスチック(エンプラ)のリサイクル会社であるMinger Kunststofftechnik AG及びMinger Plastic AG(以下、総称して「Mingerグループ」)を、当社のグループ会社であるMitsubishi Chemical Advanced Materials(本社:スイス・チューリッヒ、CEO:Michael Koch、以下「MCAM」)を通して買収(※1)することを決定いたしました。なお、本買収は2020年2月末を目途に完了する予定です。

当社は、三菱ケミカルホールディングスグループが掲げる「KAITEKI Vision 30(※2)」のもと、サーキュラーエコノミーをKAITEKI(※3)実現のキーエレメントと位置付けており、プラスチックのリサイクルはその重要な取り組みの一つと考えています。

Mingerグループは、PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)やPVDF(ポリフッ化ビニリデン)、ナイロンなどのエンプラについて独自の優れたリサイクル技術を保有しています。また、欧州域内に広域な原料回収ネットワークを構築し、リサイクル材の取引においては既に100を超える顧客と取引実績があり、欧州におけるエンプラリサイクルのビジネスモデルを確立しています。

この買収により、当社は、エンプラの製造から販売・加工・回収・再利用に至る一貫したビジネスモデルを構築することになります。今後もエンプラ業界のフロントランナーとしてユーザーへのソリューション提案力を強化し続けるとともに、循環型社会の実現に向けて貢献してまいります。

※1 本買収は、株式取得ではなく、製造設備等の資産譲渡及び営業権その他一切の権利義務の承継を行う方式を採用しています。

※2 三菱ケミカルホールディングスの次期中期経営計画の骨格となる2030年を見据えたサステナビリティビジョンを指します。

※3 当社は、KAITEKIを「人、社会、そして地球の心地よさがずっと続いていくこと」と定義しています。

■Mingerグループの概要(2018年12月末時点)

・所在地:スイス アッペンツェル

・事業内容:スーパーエンプラ、汎用エンプラ廃材の回収、リサイクル材の製造販売

・従業員数:26名

・売上高:9.3百万ユーロ

以上

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません