/

東京海上日動、AI技術を活用した自動車事故の修理見積書点検のトライアルを開始

発表日:2020年2月13日

AI技術を活用した自動車事故の修理見積書点検の取組み

東京海上日動火災保険株式会社(本社:東京都千代田区、取締役社長:広瀬伸一、以下「当社」)は、自動車事故の修理見積書の点検業務にAI技術を活用する取組みに関して、Tractable Ltd.(本社:英国、ロンドン、CEO:Alexandre Dalyac、以下「Tractable社」)と提携し、2020年4月よりトライアルを開始しますのでお知らせします。

自動車の損傷画像等の情報をもとにAIを活用して修理見積書の内容を点検することで、自動車事故における迅速な保険金支払いに繋げてまいります。

1.背景

自動車事故による保険金支払いにおいては、修理工場等から提出された修理見積書の内容を保険会社のアジャスター(※)が確認し、損傷部位、修理方法、修理金額等の妥当性を保険会社と修理工場の双方で協議し、お客様にお支払する損害保険金を決定します。

保険会社と修理工場との間で協議する場合、損害保険会社が支払う損害保険金が決定するまでに、2~3週間程度を要するケースが自動車事故全体の多くを占めています。

この度、当社はお客様により快適かつ迅速な保険金のお支払い(事故対応サービス)を提供するために、修理見積書の内容をAIで点検する仕組みの導入を検討することといたしました。

※アジャスター・・・自動車の損害状況等を確認する保険会社の専任担当者

2.トライアルの概要

(1)概要

当社はAIを活用した画像認識技術に強みを持つTractable社と提携し、自動車の損傷画像等の情報と修理見積書等をもとに、AIを活用することで早期に内容を点検するトライアルを開始します。

(2)検証項目

[1]修理工場等から当社に提出された自動車の損傷画像をAIが認識し、パネルごとの損傷箇所や損傷の程度等を確認して、最適な修理方法や修理に要する時間を早期に算出できるかを検証します。

[2]上記の算出結果と修理の見積書を比較し、修理が必要な箇所や修理方法の妥当性をAIが判定できるか検証します。

(3)時期

2020年4月よりトライアルを開始します(終了時期は未定です)。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528956_01.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン