/

早大、純チタン表面構造のナノレベルでの規格化を実現

発表日:2020年2月12日

純チタン表面構造のナノレベルでの規格化を実現

デンタルインプラントをはじめとした医療分野への応用に期待

<発表のポイント>

●技術的に困難であった純チタンのナノサイズ微細構造形成の規格化を実現。

●純チタン製デンタルインプラント(※1)表面上にある細胞挙動の詳細分析が新技術により可能となった。

●周辺組織制御可能な体内埋め込み型生体材料開発に向けた基盤技術への応用が期待される。

早稲田大学(以下、早大)ナノ・ライフ創新研究機構の水野潤(みずのじゅん)研究院教授、同大理工学術院の桑江博之(くわえひろゆき)助教、同大基幹理工学研究科電子物理システム学専攻修士2年(研究当時)の塩澤茉由子(しおざわまゆこ)氏、新潟大学大学院医歯学総合研究科の魚島勝美(うおしまかつみ)教授、秋葉陽介(あきばようすけ)講師らの研究チームは、半導体ナノ加工技術を用いることで表面粗さ0.6nm、1.7nmの平滑基盤および高さ10、25、50、100nm、ピッチ100nmの規格化ナノチタン構造基板の作製に成功しました。この技術の確立により、これまで困難とされてきた純チタン表面構造のナノレベルでの規格化の実現をもたらすことができました。これにより、生体材料に対する細胞の挙動をたんぱく質レベルで解析し、細胞分化等の意図的制御が可能になることが期待できます。本研究成果はデンタルインプラントに限らず、医療分野への応用が高く望まれ、周辺組織制御可能な体内埋め込み型生体材料開発への重要な基盤技術となると考えられます。

*参考画像は添付の関連資料を参照

本成果の詳細は、Nature Researchが運営する英国のオンライン科学雑誌『Scientific Reports』に2020年2月12日午前10時(現地時間)に掲載されますので、報道解禁を日本時間2020年2月12日午後7時以降(新聞掲載は13日付朝刊以降)といたします。ご協力、よろしくお願いいたします。

本研究は文部科学省の科学研究費補助金(基盤研究(C))の助成を受けて実施されたものです。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528820_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528820_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン