プレスリリース

企業名|産業
NTT情報・通信

京大とNTT、「新医療リアルワールドデータ研究機構(PRiME-R)」を設立

2020/2/3 17:16
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年2月3日

京都大学におけるリアルワールドデータ事業の実施とあらたな産学連携モデルとしての新会社PRiME-R設立について

日本におけるリアルワールドデータを活用する日本初の産学連携の取り組み

■概要

この度、国立大学法人京都大学(以下,京都大学)と日本電信電話株式会社(以下,NTT)は、京都大学医学部附属病院が日本医療研究開発機構(以下、AMED)の事業「臨床ゲノム情報統合データベース整備事業」において進めてきた研究成果を基に、「新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社(PRiME-R)」を設立し、リアルワールドデータを活用した全く新しい産学連携の取組を実施します。

今後、日常診療での臨床情報(リアルワールドデータ, 以下、RWD)を極めて高いセキュリティーレベルで管理・統合・解析し、医療の最適化と医療実態の可視化を図るとともに、医療技術の向上と効率的な医薬品・医療機器開発につなげ、次世代医療の発展に貢献していきます。

新会社の名称は、医療の現場における診療の可視化を"原点"として次世代医療の発展にひろげていくという思いを込め、PRiME-Rとします。

新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社(PRiME-R)の概要は以下の通りです。

■商号

新医療リアルワールドデータ研究機構株式会社

〔英文表記:Prime Research Institute for Medical RWD, Inc.〕

〔英文略称:PRiME-R, Inc.〕

■本店所在地

京都府京都市

■代表取締役社長

是川 幸士

■資本金

2000万円

■設立日

2020年2月3日

■事業内容

・臨床情報を管理・統合する医療リアルワールドデータ構築事業

・医療機関向け診療サポートデータ(サイバーオンコロジー(R))提供事業

・製薬企業等向けビッグデータ解析サービス提供事業

■ロゴ

※ロゴは添付の関連資料を参照

京都大学とPRiME-Rは、本事業に賛同する医療機関を募り、まずわが国における死因の第一位である「がん」にフォーカスして事業を推進し、安心・安全ながん医療の実施に貢献するとともに、がん医療実態の可視化と最適化、そして将来的にはがん以外の領域も含めて、よりよい医療を患者さんに届けるための新たな産学連携に取り組みます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528233_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0528233_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]