プレスリリース

企業名|産業
島津製作所機械

島津ビジネスシステムズ、AIでの桜の開花・満開予想サービス「AI さくら予想」で2020年の桜の開花・満開を予想

2020/1/23 15:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年1月23日

AI(人工知能)が2020年の桜の開花・満開を予想

開花一番乗りは3/19に東京で開花と予想

株式会社島津製作所100%出資のグループ会社である株式会社島津ビジネスシステムズ(社長:三添忠司、本社:京都市中京区西ノ京桑原町1)は、当社が運営する気象情報アプリ及びWebサイト「お天気JAPAN」( http://www.otenki.jp/sp/ )上で無料提供している、AI(人工知能)を用いた桜の開花・満開予想サービス「AI さくら予想」において、1月23日に北海道、奄美沖縄地方を除いた各都道府県のお花見スポット1006ヵ所を対象とした桜の開花・満開予想を発表しました。当社は、桜の開花・満開予想の発表を2010年から開始し、2018年から開花・満開予想にAIを導入しています。今シーズンは、昨シーズンのAIの予想モデルから改良を行い、開花予想精度が9ポイント向上しました。

■2020年の開花予想

AIによる予想では、2020年は、九州~東海・北陸地方では桜の開花、満開ともに平年並みかやや遅めとなるところが多く、関東甲信~東北地方では、平年よりもやや早めとなるところが多い見込みです。各地の開花は、東京が3月19日(平年より7日早い)、名古屋が3月27日(平年より1日遅い)、大阪が3月30日(平年より2日遅い)、京都が3月26日(平年より2日早い)で、最も開花が早いのは東京で3月19日、最も開花が遅いのは青森で4月23日と予想しています。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0527483_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0527483_02.pdf

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]