/

東大と海上保安庁、南海トラフ巨大地震震源域の海底下での新たな「ゆっくりすべり」を検出

発表日:2020年1月16日

観測の困難な海底下における「ゆっくりすべり」を検出

~南海トラフ地震発生過程の解明に前進~

3.

横田 裕輔(東京大学 生産技術研究所 海中観測実装工学研究センター 講師)

石川 直史(海上保安庁 海洋情報部 技術・国際課 火山調査官)

4.発表のポイント:

・南海トラフ巨大地震震源域の海底下における新たな「ゆっくりすべり」を検出しました。

・ゆっくりすべりは強固着域の浅部の外側で発生していたと推定されます。

・地震の発生過程の理解や発生リスクの評価に、重要な知見を提供すると期待されます。

5.研究概要:

海上保安庁の海底地殻変動観測データを解析したところ、南海トラフの巨大地震震源域の既存の方法では検出の難しい海底下で、「ゆっくりすべり」が発生していたことを示す信号を検出しました。信号が検出された地点の位置から、ゆっくりすべりは強固着域の浅部の外側で発生していたと推定されます。南海トラフ巨大地震の発生過程に関する理解や発生のリスクに関する評価を進める上で、重要な知見を提供すると期待されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0526528_01.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン