プレスリリース

博報堂・プレースホルダ・セカンドプレイス、「人間の能力を伸張させるユーザー体験」に関する共同研究を開始

2019/12/18 11:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月18日

博報堂、プレースホルダおよび英語で教える運動塾「spoglish GYM」、「人間の能力を伸張させるユーザー体験」に関する共同研究を開始

~本研究を基盤に体感型アトラクション「DIGITAL"SPOGLISH"」を3社で開発、ユーザー体験データの測定へ~

株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸 以下「博報堂」)、デジタル技術を活用した次世代型テーマパーク「リトルプラネット」を運営する株式会社プレースホルダ(本社:東京都品川区、代表取締役 CEO:後藤貴史)、英語で教える運動塾「spoglish GYM(スポグリッシュ ジム)」を運営する株式会社セカンドプレイス(本社:東京都杉並区、代表取締役:藤野素宏、以下「セカンドプレイス」)は、「人間の能力を伸張させるユーザー体験(UX)」に関する共同研究(以下「本研究」)を開始いたしました。

本研究を基盤に、"運動×英語"がテーマの体感型アトラクション「DIGITAL"SPOGLISH"(デジタルスポグリッシュ)」を3社共同で開発し、12月18日(水)より「リトルプラネット ららぽーと新三郷」で稼働開始いたします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

近年、テクノロジーの進化により、AR/VRを始めとした"これまでにないユーザー体験"に人々が触れる機会が増加しています。先端技術を活用してこれらの体験データを測定し、適切な形でフィードバックを行うことで、ユーザー自身がまだ気づいていない「潜在的な身体能力の向上」に繋げられるものと考え、これを実現するべく3社共同での研究を開始いたしました。

そして本研究の第一段階として、まずは赤外線センサーによって人の行動に関する正確な測定・能力判定が可能かどうかに関する実証実験を開始します。今回ローンチしたアトラクションでは測域センサー(レーザーの反射を利用して物体までの距離を計測するセンサー)を活用しており、体験ユーザーである子どもたちの「反応力」「英語力」「手の操作力(左)」「手の操作力(右)」の4指標の測定が可能かどうかを検証し、「能力伸長を実現するユーザー体験(UX)」の実現に活用していく考えです。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525600_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525600_02.pdf

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]