プレスリリース

企業名|産業
日産自動車自動車

日産自、電気自動車「日産リーフ」をマイナーチェンジして発売

2019/12/16 17:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月16日

「日産リーフ」をマイナーチェンジ

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:内田 誠)は16日、「日産リーフ」をマイナーチェンジし、2020年2月より全国一斉に発売すると発表しました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

まもなく誕生から10年となる「日産リーフ」は、ゼロ・エミッションであることはもちろん、電気自動車ならではのスムースでパワフルな加速と低重心を活かした軽快なハンドリングや、安心なドライブをサポートする様々な運転支援技術などが、多くのお客さまから高く評価されています。2010年の初代を発売以降、「日産リーフ」は、国内累計で13万2千台以上(*1)を販売しています。

*1 累計販売台数は自社調べ、期間は、2010年12月から2019年10月末

「日産リーフ」は、その力強い走行性能のみならず、搭載している大容量のEVバッテリーに貯めた電気を自宅へ給電することで、家庭の電力として使用することが出来ます。さらに、太陽光発電などで余った電力をバッテリーに蓄えることで、大容量蓄電池として利用することも可能です。日産は、昨今多発する自然災害を要因とした長期停電の地域に、動く蓄電池である「日産リーフ」を派遣しました。被災地では、「日産リーフ」が、非常用電源として様々な用途で活用されました。

今、電気自動車は、その新たな価値が注目されています。

また2019年1月に発売した「日産リーフe+」は航続距離を大幅に延ばし、「電気自動車はシティコミューターである」という今までのイメージを脱し、新しい電気自動車の世界を切り開きました。

今回のマイナーチェンジでは、運転支援技術の「プロパイロット」や駐車操作のすべて(アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、さらにパーキングブレーキまで)を自動制御する「プロパイロットパー日産リーフe+Gキング」は、ドライバーの運転に近づけ、より自然な運転感覚を実現しました。また、全方位運転支援技術を拡充し、ドライバーがより安心して運転できるクルマとなりました。さらに、「NissanConnect」(*2)に新たなサービス・コンテンツを追加したことで、「つながるクルマ」として、リビングから目的地まで自由でワクワクする時間が継ぎ目なく続く、新しい移動空間をご提供します。

「日産リーフ」は、このマイナーチェンジによって、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の象徴として、更なる進化を遂げました。

*2 サービスをご利用頂くためにはNissanConnectサービス(有料・年契約)にご加入いただく必要があります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525507_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525507_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525507_03.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525507_04.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0525507_05.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]