プレスリリース

企業名|産業
メドピア商社・サービス

メドピア、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」で「FAX同時受信」機能をリリース

2019/12/3 17:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月3日

かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」

アプリから送信された処方せんデータを

FAXからも同時受信できる新機能をリリース

~FAX経由での処方せん受信との一本化により、kakariのスムーズな導入が可能に~

メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)は、この度、薬局向けのかかりつけ薬局化支援サービス「kakari」の新機能として「FAX同時受信」機能をリリースしました。これは、患者さんが送信した処方せんを薬局が「kakari」上で確認できると同時に、薬局内のFAXにも自動送信される機能です。この新機能のリリースにより、薬局は、「kakari」経由で受信した処方せんを、従来からのFAXによる事前の処方せん受信の業務フローに組み込むことが可能となり、薬局は既存業務フローを活用する形で「kakari」をスムーズに導入、利用することが出来るようになります。

※かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」はこちら:

https://kakari.medpeer.jp/

*参考画像は添付の関連資料を参照

当社は"Supporting Doctors,Helping Patients."をミッションに、医師12万人(国内医師の3人に1人)が参加する医師専用コミュニティサイト「MedPeer」を中心に事業を展開してきました。創業来、医師を支援してきた一方で、今後の医療において重要な役割を担うべく変革を迫られている薬局を支援することを目的に、2019年6月より、かかりつけ薬局化支援サービス「kakari」の提供を開始しました。また、2019年11月12日付で日医工株式会社と業務提携契約を締結し、同社との共同拡販によって「kakari」の普及を加速してまいります。

この「kakari」の普及を加速させていくためには、「kakari」加盟店の負担を軽減する必要があります。そこで、薬局が従来からFAXによる処方せん受信を行っていることに着目し、kakariアプリから送信された処方せんを薬局が指定したFAXに自動送信する機能を提供することといたしました。この機能によって、「kakari」加盟店が「kakari」経由で受信した処方せんを印刷する必要がなくなるとともに、事前送信された他の処方せんと受け口を一元化することにより、対応漏れを防ぐことが可能となります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524632_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524632_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]