プレスリリース

企業名|産業
九州電力素材・エネルギー

九州電力、九州・関東・関西におけるホテル事業への進出を決定

2019/12/3 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年12月3日

九州・関東・関西におけるホテル事業への進出を決定しました

―当社初となる都市圏でのホテルを投資対象とする私募ファンドへの出資―

当社は、国内4都市(福岡、東京、大阪、京都)のホテル施設を取得するファンドへ出資します。これは、当社における不動産ファンドへの初めての参画となります。

本件は、国内最大級の不動産アセットマネジメント会社であるケネディクスグループが組成する私募ファンドに対し出資し、ホテルからの賃料を原資とした配当収入を得ることにより、電気事業以外の新たな収益を獲得するものです。

地域の賑わいの中心として、観光産業の発展や交流人口の拡大に寄与するホテル事業に携わること、また、今回のような不動産投資の知見・ノウハウを蓄積することにより、今後の都市開発・まちづくりに活用してまいります。

九電グループは「九電グループ経営ビジョン 2030」において、2030年の連結経常利益を1,500億円(うち5割が国内電気事業以外)とする目標を掲げており、事業領域の拡大に向け、今後も都市開発・まちづくりに積極的に取り組んでまいります。

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

以上

※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524629_01.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524629_02.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0524629_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]