プレスリリース

企業名|産業
三菱自動車自動車

三菱自、オールラウンドミニバン「デリカ D:5」を誤発進抑制機能追加など一部改良し発売

2019/11/21 14:46
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月21日

オールラウンドミニバン『デリカ D:5』を一部改良

~予防安全技術を追加し、サポカーS ワイドに該当~

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役CEO:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、オールラウンドミニバン『デリカ D:5(ディーファイブ)』に、前進時の誤発進抑制機能を追加し、全グレードをサポカーS ワイド(*1)に該当させるなど一部改良を施し、全国の系列販売会社を通じて11月21日(木)より販売を開始します。メーカー希望小売価格は、3,913,800~4,472,600円(消費税10%込)。

※参考画像は添付の関連資料を参照

1.主な変更点

(1)機能装備

・衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM(*2)]、車線逸脱警報システム[LDW(*3)]、レーダークルーズコントロールシステム[ACC(*4)]、オートマチックハイビーム[AHB(*5)]などの安全かつ快適なドライブをサポートする予防安全技術「e-Assist」に、誤発進抑制機能(前進時)を追加し、全グレードがサポカーS ワイドに該当しました。

・助手席ドア/助手席側スライドドアと連動し自動で展開・収納する電動サイドステップ(LEDステップ照明付)を新たに標準装備し、乗降性を向上させました。お子様からご高齢の方まで、スムーズな乗り降りをサポートします(「G」、「M」を除く)。

(2)新グレード追加

・洗練されたモダンなイメージの『デリカ D:5 URBAN GEAR(アーバンギア)』に最上級グレード「P Edition」を新たに設定しました。

・「G-Power Package」をベースに、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]、車線逸脱警報システム[LDW]、レーダークルーズコントロール[ACC]、オートマチックハイビーム[AHB]、誤発進抑制機能(前進時)といった予防安全技術「e-Assist」に加え、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA(*6)]、後退時車両検知警報システム[RCTA(*7)]を追加しました。また自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)も標準装備することで、より安心、安全な運転をサポートします。

*1 サポカーS ワイド(セーフティ・サポートカーS ワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。搭載機能に応じて「サポカー」「サポカーS(ベーシック、ベーシック+、ワイド)」に区分されます。

*2 FCM:Forward Collision Mitigation System

*3 LDW:Lane Departure Warning

*4 ACC:Adaptive Cruise Control

*5 AHB:Automatic High Beam

*6 BSW:Blind Spot Warning/LCA:Lane Change Assist

*7 RCTA:Rear Cross Traffic Alert

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_01.png

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_02.png

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_03.png

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_04.png

参考画像(5)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_05.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523860_06.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]