プレスリリース

DMP、安全運転支援システム開発向けプロフェッショナルサービスを本格化

2019/11/8 16:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月8日

DMP、安全運転支援システム開発向けプロフェッショナルサービスを本格化

ドライブレコーダーを使ったドライバーモニタリング、ヒヤリハット検知、あおり運転検知システムの実現に必要な機能を「ZIA(TM) SAFE」として体系化

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社: 東京都中野区、代表取締役社長CEO 山本達夫、以下DMP)は、AI画像認識ソフトウエアとして既に多くの実績がある「ZIA(TM) Classifier」をベースに安全運転分野向けに体系化したAIプラットフォーム「ZIA(TM) SAFE」を開発し、お客様のドライブレコーダーを利用した安全運転支援システム開発を支援するプロフェッショナルサービスの提供を加速します。

昨今、あおり運転や高齢者の危険運転が社会問題化するなか、より安全なモビリティ社会の実現に向けて、自動車業界や保険業界等ではドライブレコーダーを使ったドライバーモニタリング、ヒヤリハット検知、あおり運転検知など、安全運転支援システムの開発の勢いが増しています。

DMPは新たに開発した「ZIA(TM) SAFE」を使ったプロフェッショナルサービスを通じ、お客様によるAIを活用した高度な安全運転支援システムの構築を短期間でサポートします。

また「ZIA(TM) SAFE」によりドライブレコーダーを使った各種道路周辺情報や交通状況の収集、リアルタイム解析といった、CASE(※1)やMaaS(※2)に関連した新たなニーズに対応したサービス構築も同時に支援します。

「ZIA(TM) SAFE」は、2016年の発売以来、ドライブレコーダー自動解析、自動・自律運転、メディカル用途などで着実な採用実績を積み上げてきた「ZIA(TM) Classifier」をさらに進化させ、安全運転支援システムの実現に必要な物体認識、シーン理解、プライバシー保護、及びその他機能を独立したモジュールの集合体(ビルディング・ブロック)として体系化したものです。DMPは様々なお客様の安全運転支援システム開発やサービス構築の仕様要求に対し、実証済みの「ZIA(TM) SAFE」モジュールの組み合わせにより柔軟かつ迅速に対応することが可能です。

「ZIA(TM) SAFE」はDMP、インテル、NVIDIA、クアルコム等の異なるプロセッサ及びその組み合わせで動作が可能です。またDMPはプロフェッショナルサービスの一環として、画像データのアノテーション(※3)や学習データのトレーニング、及びUI(※4)の開発を行うほか、DMPが長年に渡って蓄積したユニークな強みであるGPU開発技術を基にしたAIのハードウエアレベルのアクセラレーション技術の開発やお客様仕様のハードウエア設計の支援も行っており、これらを利用することでシステムの性能や電力等に係るさらなる最適化が可能です。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523021_01.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523021_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]