プレスリリース

日本空港ビルデング、羽田空港で4機種計12台の清掃ロボットを導入し人とロボットが協働する清掃オペレーションがスタート

2019/11/8 15:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月8日

羽田空港で人とロボットが協働する清掃オペレーションがスタート!

~清掃ロボットを新たに4機種12台導入~

日本空港ビルデング株式会社は、安定した清掃品質の確保と将来的な労働生産人口減少に伴う人手不足への対応を目的に、清掃等環境管理業務を行う清掃協力会社やロボットメーカーと協力し、清掃ロボットの運用試験を実施しておりました。今般、運用試験を実施したロボットの中から、4機種計12台の清掃ロボットを導入し、人とロボットが協働する清掃オペレーションを11月7日から始めます。

導入するロボットは、2016年からHaneda Robotics Lab(※)を通じて実証実験を実施し、性能の確認および安全性等の検証を経て、事前に設定したエリアを正確かつ自律的に清掃することが可能であることから導入に至りました。

羽田空港ターミナルは、航空サービスリサーチ会社である英国SKYTRAX社が実施する「World Airport Awards」の清掃部門「World's Cleanest Airports」を4年連続で世界第1位となっております。当社は、これからもロボット等の最先端技術も活用しながら、羽田空港の清掃に関わる事業者全体で、清潔で快適な羽田空港ターミナルを持続的に提供してまいります。

*ロゴは添付の関連資料を参照

※Haneda Robotics Lab:ロボット開発者へ空港内での実験の機会を提供し、問題点を洗い出しと運用上の知見を共有するプロジェクト。政府の「改革 2020」プロジェクトの取り組みの一つとして、国土交通省および経済産業省との連携のもと運営。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523016_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0523016_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]