プレスリリース

富士通研究所、東大との共同研究でがんゲノム医療を効率化するAI技術を開発

2019/11/6 13:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年11月6日

新しいAIによるがんゲノム医療の効率化を東大医科研との共同研究で実現

血液腫瘍内科でがんゲノム医療の治療方針の検討作業時間を半分以下に削減

株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、2018年4月から東京大学医科学研究所(注2)(以下、東大医科研)と進めてきた共同研究において、がんゲノム医療を効率化するAI技術を開発し、東大医科研での実証実験によって効果をこのたび確認しました。

がんゲノム医療では、遺伝子変異から治療方針を導き出す検討作業に多大な工数がかかっています。開発したAI技術では、様々な表現で記述された大量の論文から、治療方針につながるナレッジをその効果などの関係性も含めて抽出することで、ナレッジグラフ型のデータベースを構築できます。今回の実証実験で本技術を活用したところ、東大医科研の血液腫瘍内科において、急性骨髄性白血病の治療方針の検討作業を半分以下に削減でき、作業の効率化および高度化できることを確認しました。

今後、富士通研究所は、さらなる効率化やがん種の対象を広げることで医師の業務を支援し、がんゲノム医療の普及に貢献していきます。

本技術は、11月6日(水曜日)からドイツのミュンヘンで開催される「Fujitsu Forum Munich 2019」にて出展します。

■背景

がんゲノム医療では、がん患者の遺伝子変異を明らかにすることで、病気のなりやすさ、薬の反応性や副作用などを予測して、患者ごとに最適な医療を提供することを目的としています。日本においては、2019年6月よりがん遺伝子パネル検査が健康保険適用になったため、今後さらにがんゲノム医療を希望する患者が増加していくことが予想されます。

しかし、がんゲノム医療では、検出された遺伝子の変異に対して、医学論文に書かれた過去の症例を参考に治療方針を検討するため、専門の医師はデータベースから該当しそうな論文を一つ一つ検索し、患者に適した治療法や治療法ごとの効果などを解読する必要があり、この作業に多大な時間がかかります(図1)。そのため、2018年4月に富士通研究所は、東大医科研と、がんゲノム医療における専門の医師の作業をAIによって効率化・高度化するための共同研究を開始し、このたび共同研究で開発した技術を活用した実証実験により効果を確認しました。

※図1は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

図1

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522804_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522804_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]