/

NEC、北原病院グループ協力のもとAI技術を活用したリハビリ計画作成に関する技術実証を実施

企業:NEC
産業:

発表日:2019年11月1日

NEC、北原病院グループとともに、AI技術を活用したリハビリ計画作成に関する技術実証を実施

~リハビリ計画作成の業務時間を約60%短縮、業務負荷を軽減し患者の早期社会復帰を目指す~

日本電気株式会社(注1、以下 NEC)は、北原病院グループ(医療法人社団KNI(注2、以下 KNI))協力のもと、患者の入院長期化の回避による早期の社会復帰と、リハビリテーション(以下、リハビリ)のスタッフの業務負荷軽減・医療サービスの質向上に向け、AI技術を活用したリハビリ計画作成の技術実証を北原リハビリテーション病院において行いました。これにより、経験の浅いリハビリスタッフによるリハビリ計画作成業務の質を、経験年数5年以上でスキルの高いスタッフ(以下、ベテランスタッフ)と同程度まで向上すると共に、リハビリ計画作成に要していた業務時間を全体で約60%短縮することに成功しました。

■背景

超少子高齢社会の進展に伴い、医療の財源不足や人材不足がより深刻となる中、限られた財源と人材で患者の増加と多様化するニーズに対応するためには、徹底した業務効率化と医療の質の向上が求められています。

KNIとNECは、これらの課題を解決するため2017年より共創を開始し(注3)、「デジタルホスピタル」(注4)の実現に取り組んでいます。

早期の在宅復帰や介護予防は、医療の財源不足や人材不足の解決に直結するだけでなく、患者のQOL向上にもつながります。早期の在宅復帰と介護予防のためには、リハビリによる「より良い回復」、すなわち、短い期間で最大限に患者の機能の回復を促す取り組みが重要です。

日本の回復期リハビリ病棟は、原因疾患が「脳血管系」の入院の場合、平均在院日数は約3ヶ月(注5)と言われていますが、北原リハビリテーション病院では、入院時に綿密なリハビリ計画を立て、それを実行することにより、平均在院日数を約1カ月間まで縮めることに成功しています。しかし、リハビリ計画作成はスタッフのスキルや経験値に依存するところが大きく、経験の浅いスタッフが作成したリハビリ計画をベテランスタッフが見直すことで計画の質を担保しており、ベテランスタッフの業務負荷が増大するという課題がありました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522518_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン