プレスリリース

企業名|産業
タカラトミー日用品
企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

タカラトミーとNTTドコモ、ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」の共同事業を開始

2019/10/29 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月29日

タカラトミーNTTドコモ

プログラミング教育サービス「embot」の共同事業を開始

株式会社タカラトミー(代表取締役社長:小島一洋/所在地:東京都葛飾区/以下、タカラトミー)と株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤和弘/所在地:東京都千代田区/以下、ドコモ)は、業務提携契約を締結し、ダンボールで作るプログラミング教育サービス「embot(エムボット)」の共同事業を開始します。これにともないプログラミングアプリで動かすことができるダンボールロボットキット「e-Craftシリーズ(※1)embot」(希望小売価格:6,000円/税抜き)を、2019年11月30日(土)からタカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」(※2)にて発売します。

全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売り場、インターネットショップ(「タカラトミーモール」以外)では2020年春に発売予定です。

*参考画像・QRコードは添付の関連資料を参照

◆プログラミング教育サービス「embot」の概要と業務提携開始の背景について

「embot」は、ダンボールを用いたロボットを自由に組み立てることで電子工作やものづくりの基礎を学ぶとともに、このロボットをタブレットやスマートフォン上でのビジュアル・プログラミング(※3)を通じて子どもでも簡単に操作することができるプログラミング教育サービスです。

文部科学省は、2020年に小学校のプログラミング教育を必修化することを発表しました。

また、一方で将来的な日本のIT人材の不足が懸念されている中、様々な教材が提供され始めていますが、実際にITの最前線で活躍出来る人材育成につながる実践的なプログラマーの視点で開発された教材はまだ少なく、また高価であるため、広く普及するには至っていないのが現状です。

ドコモでは、現在多くの人にとってハードルの高い「プログラミング」を誰もが自由に扱え、便利な生活を自らの創造力や工夫で作り出していくことができる人材を多く増やしていくことを目指し、タブレットの販売などを通じて教育現場のICT環境整備の支援を行うとともに、実践的でありながら誰でも手軽に楽しくプログラミングを学べるスターターキットを世の中に提供するべく、ドコモの新規事業創出プログラムである「39works(※4)」にて、ドコモのプログラマーチームを中心に「embot」の開発を行ってきました(※5)。

今回の業務提携は、事前の市場調査を目的とした販売により、小学生向けのプログラミング教材の市場で多くの販売実績とお客さまから高い評価を得た「embot」を、両社で本格展開していくものです。

ドコモは、39worksでこれまで事業開発を行いお客様の声を元に改善を繰り返したノウハウを提供するとともに、教育機関との連携を推進します。また、タカラトミーは自社で培ってきた玩具製品の開発力やノウハウを活用して改良し、「e-Craftシリーズ embot」の商品の製造、玩具流通での販売を行います。さらに、共同でプロモーション活動を行うことで、さらなる普及促進に取り組み、ご家庭でも教育機関でもご利用いただけるプログラミング教材を目指します。

※1 e-Craftシリーズとは、ドコモが開発する、プログラミングによって操作可能な製品の総称です。

 「embot」を皮切りに、今後ラインナップを追加予定です。

※2 タカラトミーモールembot商品ページでは、embotの予約を受け付けております。

 ▼タカラトミーモールURL

  https://takaratomymall.jp/shop/default.aspx

 ▼embot公式サイトURL

  https://www.embot.jp

 ▼タカラトミーモールembot商品ページURL

  https://takaratomymall.jp/shop/g/g4904810156963/

※3 ビジュアルプログラミングとは、プログラミングを絵や図形を組み合わせて行う方法です。

※4 「39works」は、パートナー企業と協創し、企画から開発、運用・保守までを一体で進めながら、高速PDCAにより改善を繰り返し、新ビジネスを創出し、育むプログラムです。

(39worksホームページ: https://www.39works.net/ )

※5 ビジュアルプログラミングを提供する、embot公式アプリの開発・提供・運営は株式会社インフォディオが担当しております。

*別紙1・2は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522244_01.jpg

QRコード

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522244_02.jpg

別紙1.2

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522244_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]