/

Loco Partners、「Reluxトラベルラボ」より「2019年上半期 インバウンド旅行動向調査」を発表

発表日:2019年10月25日

Reluxトラベルラボ、「2019年上半期 インバウンド旅行動向調査」を発表!

ホテル・旅館の宿泊予約アプリ「Relux(リラックス)」( https://rlx.jp)を運営する株式会社Loco Partners(本社:東京都港区、代表取締役:篠塚孝哉、以下Loco Partners)は、カスタマーの旅行動向や人気の宿泊施設の傾向を調査する機関「Reluxトラベルラボ」より、「2019年上半期 インバウンド旅行動向調査」を発表いたします。

Reluxはラグジュアリーなシティホテルから、民泊施設や古民家などのカジュアルなVacation Homeまで、様々なカスタマーのニーズに応える多様な宿泊体験を提供してまいりました。2015年4月に立ち上がったグローバル事業は、2019年7月にはアジア圏を中心に会員数50万人を超えるまでに成長しています。

今回は、2019年4月1日から9月30日の期間中、Reluxを利用したインバウンドカスタマーを対象にアンケートを実施。中国、香港・台湾、韓国、英語圏の4エリアの結果を発表いたします。

【2019年上半期 インバウンド旅行動向調査結果 概要】

■日本に「10回以上」訪れたことのあるカスタマーが半数以上!日本旅行の目的も多様化

全エリアで日本を訪れた回数が「10回以上」と回答した人が最も多く、全体の半数以上という結果に。また、2番目に多かった回答は「5~9回」と、Reluxカスタマーは日本旅行に慣れていることが窺えます。特に訪日回数の多い香港・台湾は、日本を旅行先に選んだ理由として「温泉」や「食事」に加え、「ポップカルチャー」と回答したカスタマーが他エリアに比べて多く、日本旅行を楽しむ目的が多様化している傾向が窺えます。

■旅行の情報収集はエリアごとに異なる傾向が判明!

全てのエリアで「Web」による情報収集が最も多くなりました。また、中国は「SNS」が、香港・台湾は「旅行本」と「ブログ」が、韓国は「ブログ」と「SNS」が、そして英語圏では「SNS」が多く使われており、エリアごとに異なる傾向にあります。

■大多数が「温泉」と「食事」を楽しむことを目的に

日本旅行への決め手に「温泉」、「食事」を選んだカスタマーが多く、温泉の楽しめる「宿泊」にお金を使っていたことがわかりました。また、「宿泊」にお金をかけていた中国カスタマーは「テーマパークや観光」にあまりお金をかけていなかった一方で、英語圏は「宿泊」以外にも「買い物」、「食事」、「テーマパークや観光」などにもお金をかけており、カスタマーによって傾向が分かれる結果となりました。

【アンケート概要】

・対象者:2019年4月1日から9月30日までにReluxを利用したインバウンドカスタマー

・対象エリア:中国、香港・台湾、韓国、英語圏

・有効回答数:435件

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0522041_01.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン