プレスリリース

大塚製薬、乳酸菌B240の抗アレルギー作用について日本花粉学会で発表

2019/10/15 13:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月15日

【ニュートラシューティカルズ関連事業】研究に関するお知らせ

乳酸菌B240の抗アレルギー作用について日本花粉学会で発表

大塚製薬株式会社(東京都、代表取締役社長:樋口達夫)・大津栄養製品研究所は、植物由来の乳酸菌B240(*1)が抗アレルギー作用を有することを確認し、その結果を2019年10月12日に日本花粉学会第60回大会で発表しました。

これにより、乳酸菌B240は、スギ花粉曝露によって軽度のアレルギー反応を示す人の緩和策として、新しい選択肢になることが期待されます。

*1 乳酸菌B240・・・Lactobacillus pentosus ONRICb0240

東京農業大学が単離し、2005年に生体防御機能を高める新しい乳酸菌として、当社大津栄養製品研究所と熊本県立大学の共同研究により有効性を確認。

■発表内容要約

乳酸菌B240の死菌摂取による、スギ花粉曝露時の総括顔スケールの改善効果

~無作為化二重盲検プラセボ対照試験~

日本人の約3分の1が、スギ花粉飛散時に、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなど何らかのアレルギー反応を発現することが報告されており、依然としてその人数は増加している。また、これらの発現により、QOLや労働生産性の低下も報告されている。抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬などの抗アレルギー薬の効果は一時的なものに限られ、一部の薬には眠気などの副作用がある。アレルギー症状の重症度は個人によってさまざまであることから、アレルギー反応の種類と重症度に応じて適切な対応が求められており、軽い反応の場合には、抗アレルギー食品による対処が可能と考えられる。

Lactobacillus pentosus ONRICb0240(乳酸菌B240)は、発酵茶ミヤンから分離された乳酸菌である。乳酸菌B240は、マウスパイエル板細胞を用いた評価系にて、スクリーニングした乳酸菌の中で最も高いIgA誘導能を示し、唾液IgA分泌促進作用を有することが臨床試験にて確認されている。そこで、今回、乳酸菌B240の抗アレルギー作用を評価した。

無作為化二重盲検プラセボ対照試験として、スギ花粉曝露によりアレルギー反応を示したことがある健康な男女(20~65歳)34人に乳酸菌B240を含有しているタブレットあるいは、乳酸菌が入っていないタブレット(プラセボ)を8週間毎日摂取させた。摂取開始前、摂取4週および8週後に、試験参加者は、曝露施設にてスギ花粉に3時間曝露され、30分毎に自覚症状(鼻水、くしゃみ、鼻づまり、鼻のかゆみ、目のかゆみ、涙目、鼻紙枚数、総括顔スケール)を、日本アレルギー性鼻炎QOL標準調査票(JRQLQ No.1)を参照し作成した記録表に記入した。その結果、乳酸菌B240の8週間摂取により、スギ花粉を3時間曝露した際のアレルギー反応や生活の支障度など全般を評価する総括顔スケールが有意に改善され、また、総括顔スケールスコアと各症状のスコアの間には、有意な正の相関があった。これら結果から、乳酸菌B240は抗アレルギー作用を有すると考えられ、スギ花粉曝露により軽度のアレルギー反応を示す人にとって、新しい選択肢になることが期待される。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521269_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]