プレスリリース

ヤフー、スマホ向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」で新機能「災害マップ」の提供を開始

2019/10/11 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月11日

「Yahoo!防災速報」アプリ、ユーザー同士で災害状況を共有し、

危険をいち早く確認するための新機能「災害マップ」を提供開始

~ユーザーが投稿する災害状況を確認することで、迅速な避難行動の判断材料に~

https://notice.yahoo.co.jp/emg/sokuho/archives/201910_release.html

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)が提供するスマートフォン向け防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」(iOS版、Android版)は本日、ユーザー同士で現在地の状況を共有することで、迅速な避難行動に繋げられる新機能「災害マップ」の提供を開始しました。(※1)

*参考画像は添付の関連資料を参照

「災害マップ」は、ユーザー自身が現在地の状況を投稿でき、現在提供している自治体や気象庁から発信される情報だけではなく、他の周辺ユーザーの投稿を地図上で確認できます。また、現在地やユーザーが設定した地域の周辺で、災害状況についての投稿が一定数を超えて、所定の条件を満たした際に、異常を知らせるプッシュ通知が届く機能をあわせて追加しました。

利用者数1700万(※2)を突破した「Yahoo!防災速報」アプリはこれまで、台風や豪雨などの災害が発生した際に、避難情報や気象警報、「大雨危険度通知」(※3)といった緊急情報をプッシュ通知で伝えることで、ユーザーの避難判断の支援をしてまいりました。さらに本機能を活用することで、早期に災害の状況を知り、避難判断に役立てられます。

「Yahoo!防災速報」は、ユーザーが日頃から災害に備えられるよう機能追加や改善に努め、安全安心な暮らしに貢献してまいります。

※1:本機能は、本日から約1カ月の期間限定の提供です。機能提供期間中の利用状況をもとに、順次機能追加をします。

※2:2019年10月11日時点

※3:ヤフー、気象庁と連携して、市区町村ごとの土砂災害や洪水の危険度と、とるべき行動を伝える機能「大雨危険度通知」を開始

https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2019/07/10a/

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521203_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521203_02.pdf

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]