プレスリリース

企業名|産業
日立製作所電機

日立など、複合開発「HARUMI FLAG」にAIによる電力需要予測機能搭載のAEMSを導入

2019/10/10 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月10日

最先端AEMS(※1)と水素エネルギーによるスマートシティへ

「HARUMI FLAG」にAI-AEMSを導入

~電力需要予測AIを搭載し、エネルギーの有効利用を実現~

「HARUMI FLAG」の特定建築者11社(※2)と、株式会社日立製作所(以下、日立)は、このたび、都内最大級の複合開発となる「HARUMI FLAG」において、AIによる電力需要予測機能を搭載したAEMS「HARUMI AI-AEMS」を導入します。

AIには、日立が幅広い分野で培ってきたLumada(※3)のIoTプラットフォームのデータモデリング技術およびディープラーニング技術を用いることで、より精度の高い電力需要予測を実現します。また、エネルギー運用・管理・制御基盤は、統合エネルギー・設備マネジメントサービスである「EMilia(※4)」をベースに構築しています。

「HARUMI AI-AEMS」は、「HARUMI FLAG」の街区全体を繋ぐエリアネットワークによって、各街区における大容量のエネルギー情報データを一元管理し、効率的なエネルギー運用を実現します。

電力需要予測AIでは、収集したエネルギー情報(電力使用実績や気象情報など)を分析し、より精度の高い需要予測が可能になります。これにより、効率的な水素消費計画や諸設備の制御運転などによるピーク抑制計画を立案することができ、エネルギーの効率的な利用が期待されます。さらにAI の学習機能によって、実績を重ねることでより高精度の予測が可能となります。

AI-AEMSによるエネルギーの有効利用は環境負荷の低減を実現し、電気料金など管理におけるコスト面でのメリットも期待できます。

「HARUMI FLAG」は、住宅棟23棟5,632戸と商業施設からなる大規模な街であり、多くのエネルギー需要が見込まれます。また新エネルギーとなる水素や太陽光などを活用した多重なインフラを活用するため、複雑なエネルギー管理も求められることから、住宅中心の街づくりでありながらAEMSを導入します。大規模一斉開発だからこそ実現した「HARUMI AI-AEMS」の導入によって、「HARUMI FLAG」は未来の街づくりのフラッグシップとなるスマートシティを目指します。

※1:AEMSはArea Energy Management System(エリアエネルギーマネジメントシステム)の略称です。

※2:特定建築者とは、市街地再開発事業において整備する建築物を、施行者(東京都)に成り代わり民間事業者が建築できる制度で画した事業者のことです。

※3:Lumadaとは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション・サービス・テクノロジーの総称です。

 詳しくは、日立のWebサイト( http://www.hitachi.co.jp/products/it/lumada/ )をご覧ください。

※4:EMiliaの詳細は、日立のWebサイト( http://www.hitachi.co.jp/products/infrastructure/product_site/emilia/index.html )をご覧ください。

EMiliaは、日本における株式会社日立製作所の登録商標です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521081_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]