プレスリリース

企業名|産業
ダイニチ工業素材・エネルギー
企業名|産業
京セラ電機

ダイニチ工業など、家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファームミニ」の「燃料電池ユニット」を共同開発

2019/10/10 11:45
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月10日

世界最小サイズの高効率家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファームミニ」の燃料電池ユニットを共同開発し製品化しました。

ダイニチ工業株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役社長:吉井 久夫、以下「ダイニチ工業」)は、京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫、以下「京セラ」)とパーパス株式会社(社長:高木 裕三、以下「パーパス」)との間で世界最小サイズ(※1)の家庭用燃料電池コージェネレーションシステム「エネファームミニ」の「燃料電池ユニット(貯湯タンク内蔵)」を共同開発(※2)し、東京ガス株式会社(社長:内田 高史、以下「東京ガス」)に採用されました。

また、ダイニチ工業は京セラから「燃料電池ユニット(貯湯タンク内蔵)」の製造を受託し、ダイニチ工業の本社工場で製造いたします。「燃料電池ユニット(貯湯タンク内蔵)」は京セラブランドとして東京ガスに供給し、東京ガスはパーパス製の「熱源機」を組み合わせて2019年10月30日より販売を開始します。

*参考画像は添付の関連資料を参照

なお、ダイニチ工業は2011年10月に世界初のSOFC型のエネファーム(※3)の製造をJX日鉱日石エネルギー株式会社(現 JXTGエネルギー株式会社)より受託し、2015年3月まで製造しておりました。

■製品のおもな特長

1.世界最小サイズ(※1)を実現

発電の主要構成機器であるセルスタックや貯湯タンク容量の小型化により、エアコン室外機と同等の大きさの世界最小サイズ(※1)を実現しました。設置条件(※4)を満たすことで、奥行き500mmスペースへの設置ができるため、これまでエネファーム(※3)を設置できなかったお客さま宅でも採用が可能となります。

2.エネルギー負荷に合わせた定格発電出力(400W)と省エネ性

発電効率の高い固体酸化物形燃料電池(SOFC)を採用し、定格発電出力を400Wとしました。年間のCO2排出量でおよそ1tの削減効果が見込め(※5)、高い省エネ性を実現します。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521073_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0521073_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]