プレスリリース

BBソフトサービス、「詐欺ウォール/Internet SagiWall」の新バージョンを発売

2019/10/8 14:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年10月8日

新たにMacOSに対応し、パソコン、スマートフォン、タブレットの幅広い機種で利用可能に

マルチプラットフォームに対応した新しいバージョンの「詐欺ウォール(TM)」をリリース

ソフトバンク株式会社の子会社のBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長 兼 CEO:瀧 進太郎、以下「BBSS」)は、ネット詐欺専用セキュリティーソフト「詐欺ウォール(TM)/Internet SagiWall(TM)」(以下「詐欺ウォール(TM)」)の新しいバージョンを自社直販サイトにて2019年10月8日より販売を開始しました。また、パッケージ製品の販売は、10月24日より、Amazonおよび全国の家電量販店で開始する予定です。

新しいバージョンでは、MacOSの標準ブラウザー「Safari」およびMac版の「Google Chrome」に対応し、これらのブラウザーでインターネット閲覧中に危険なサイトにアクセスした場合でも、自動的に危険性を判断しブロックします。これにより、Windows、MacOS、Android、iOSを搭載しているパソコンやスマートフォン、タブレットなど一般ユーザーが利用する幅広い機器をカバーすることができます。

※製品画像は添付の関連資料を参照

ここ数年、フィッシング詐欺や偽販売サイト、偽警告などのだまし行為によるネット犯罪被害の報告が増加しており、大きな社会問題となっています。総合セキュリティー対策ソフトの普及でウイルス感染や不正侵入が困難になった結果、ネット犯罪はユーザーのアカウント認証情報を巧妙にだまし取り不正アクセスを行い、金銭を搾取する手口に傾向を変化させていると考えられます。

そのため、正規サイトと詐欺サイトの判別はますます困難になってきています。そして、ほとんどの詐欺サイトはスマートフォンのブラウザーアプリだけでなくSNSアプリに内蔵されているブラウザーでも表示されるため、主要なSNSアプリにネット詐欺対策機能を対応させることも重要な課題です。

新しいバージョンでは、新たに「Instagram」や「Facebook Messenger」、「Skype」などのSNSアプリの内蔵ブラウザーへの対応を追加し、詐欺サイトをブロックする範囲を拡大しました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520889_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520889_03.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]