プレスリリース

ダイエー、栄養状態チェックアプリ「SIRU+(シルタス)」導入店舗を30店舗に拡大

2019/9/27 15:35
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月27日

~買い物するだけで栄養状況が把握できるアプリ導入店舗が倍増~

ダイエー「SIRU+(シルタス)」導入店舗を30店舗に拡大

ダイエーは、2019年10月1日(火)より、シルタス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小原 一樹、以下「シルタス」)が開発した栄養状態チェックアプリ「SIRU+(シルタス)」を活用した健康管理サービスを新たに15店舗に導入し、30店舗で開始しますので、お知らせいたします。

*参考資料は添付の関連資料を参照

当社は「おいしく食べて"ココロとカラダ"健康に」をコンセプトとした店づくりを進める中で、積極的にデジタルを活用した新しい価値の提供に努めています。その一環として、シルタスが開発した「スーパーマーケットのPOSデータと連動させることで買い物データを自動的に取り込み、栄養素に変換して最適な食生活を提案できるスマートフォン用アプリ『SIRU+』」を活用した健康管理サービスを2019年3月29日(金)より神戸市内の13店舗にて開始いたしました。

同サービスは、商品をレジで精算される際にイオングループの共通ポイントカード「WAON POINTカード(※)」をご提示いただくと、購入した食材の栄養素が自動的にお客さまの「SIRU+」に登録され、栄養素別の過不足状況を把握できるとともに、健康的な暮らしに最適なおすすめレシピを見ることができます。煩雑な操作や手間のかかる記録が一切不要で、ポイントカードを提示して日々のお買い物をするだけで栄養状態をチェックできる手軽さが最大の特徴のサービスです。

(※)「WAON POINT カード」には会員情報の事前登録が必要

ご利用いただいているお客さまからご好評いただいていることから、7月1日(月)より関東の2店舗で同サービスを開始しており、今回新たに15店舗に導入することで、30店舗に倍増します。

当社は、今後も商品やサービス、イベントを通じて、「おいしく食べて"ココロとカラダ"を健康に」する食生活を提案してまいります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520110_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0520110_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]