プレスリリース

東北大、炎症性大腸がんの発生を抑える新規のメカニズムを解明

2019/9/25 15:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月25日

炎症性大腸がんに対する新規治療薬の開発

‐ 治療薬候補 MA-35は炎症性大腸がんの発生を抑制する ‐

【発表のポイント】

●慢性的な炎症性腸疾患(注1)は大腸がんを誘発し、大腸がんは本邦において主な死亡原因の一つとなっている。

●今回の報告で、研究グループが以前に報告した薬剤 MA-35が、炎症性大腸がんマウスにおいて大腸がんの発生を抑えることを明らかにした。

●MA-35は炎症性腸疾患における炎症性大腸がんに対する新規治療薬となり得る。

【概要】

東北大学大学院医学系研究科および大学院医工学研究科病態液性制御学分野の阿部 高明(あべ たかあき)教授、大学院消化器外科学分野の大沼 忍(おおぬま しのぶ)講師、海野 倫明(うんの みちあき)教授らの研究グループは、炎症性大腸がんの発生を抑える新規のメカニズムを解明しました。これまで阿部教授と岡山理科大学の林謙一郎(はやし けんいちろう)教授らのグループは、共同開発した新規薬剤 Mitochonic acid 35(MA-35)が肝臓の炎症や腎臓の線維化(固くなること)を抑えることを2017年に報告していました(先行文献参照)。今回の報告では、薬剤 MA-35が炎症性大腸がんマウスにおいて大腸がんの発生を抑えることを明らかにしました。

潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患は、慢性炎症が長期化すると大腸がんを誘発し、この腸炎関連大腸癌は本邦における主な死亡原因の一つとなっています。本研究によって、薬剤 MA-35はがんの原因となる大腸の炎症と線維化を抑えることで大腸がんの発症を抑えることが示されました。よって、薬剤 MA-35は炎症性腸疾患が原因となる炎症性発がんに対する新規治療薬になり得ると考えられます。今回の研究成果は、オープンアクセス誌 Scientific Reportsに2019年9月4日に掲載されました。

本研究の一部は日本医療研究開発機構(AMED)によって支援されました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519853_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]