プレスリリース

三井住友カード、クレジットカードのGoogle Pay対応を開始

2019/9/25 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月25日

三井住友カード、クレジットカードのGoogle Pay(TM)対応を開始!

~Android(TM)搭載スマートフォンでクレジットカードによる決済が可能に~

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、2019年9月25日(水)より、国内店舗におけるGoogle Payでのお支払い対応として、クレジットカードによる決済を開始いたしました。

Google Payとは、お客さまがお持ちのAndroid搭載のスマートフォンを使って、店舗でのお買物やインターネットショッピングなどの場面で簡単・スピーディにご利用いただける、Googleが提供する支払いサービスです。

お客さまはAndroid搭載のスマートフォンのGoogle Payアプリに三井住友カードが発行するクレジットカードを事前に登録することで、コンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストア等、全国のiD(TM)加盟店(決済端末約96.5万台)においてGoogle Payでのお支払いが可能となります。登録はわずか数分で完了し、年会費や発行手数料はかかりません。

また、本サービス開始にあたり、2019年10月1日(火)から2020年2月29日(土)の期間中に、Google Payにクレジットカードを新規登録されたお客さまに対して、登録されたカードでお支払いいただいたGoogle Payのご利用代金から最大2,000円分を値引きするお得なキャンペーンを実施いたします。

さらに、三井住友カードのスタンダードカード(※1)をGoogle Payに登録されたお客さまは、コンビニエンスストア3社(セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン)及びマクドナルドでのご利用でワールドプレゼントのポイントが通常の5倍貯まるサービスや、2019年9月2日(月)より開始した、日常よく使うお店から事前に最大3つのお店を登録し、登録したお店でのお支払いでワールドプレゼントのポイントが通常の2倍貯まるサービス、日常のお買物が楽しくなるキャンペーン『タダチャン!』の対象にもなります。(対象カードや対象店舗、適用条件等の詳細は、以下<参考:関連ニュースリリース>に記載のURLよりご確認ください。)

この機会に是非お持ちの三井住友カードのクレジットカードをGoogle Payにご登録いただき、お得で便利なキャッシュレス決済を毎日のお買物シーンにお役立てください。

三井住友カードは、昨年10月より、キャッシュレス決済戦略の一環として「Have a good Cashless.」というキーメッセージを掲げ、各種プロモーションを実施しています。今後も更なるキャッシュレス社会の実現に向けて、よりスマートな決済シーンをお客さまに提供し、身軽な毎日をお送りいただけるよう、モバイル決済サービスの商品・サービスの拡充に努めてまいります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519816_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]