/

IIJ、台湾Kiwitec社とLoRaWANソリューション展開において協業開始

発表日:2019年9月19日

IIJと台湾Kiwitec社、LoRaWANソリューション展開において協業開始

LoRaWAN対応のゲートウェイ機器に独自機能を実装し、中小規模IoT分野に展開

株式会社インターネットイニシアティブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝 栄二郎、以下IIJ)とKiwi Technology Inc.(本社:台湾新竹県、Chairman:Judy Lee、以下Kiwitec)は、IoT活用に向けたLoRaWAN(ローラワン)の展開において協業することをお知らせいたします。本協業のもと、両社はKiwitec製LoRaWANゲートウェイ機器において独自の機能拡張を行い、LoRaWANソリューションとして様々なIoT分野に対して2019年11月1日より展開してまいります。

LoRaWANは、低消費電力かつ長距離通信を特徴とする無線通信技術で、免許が不要な周波数帯域を利用することで、誰でも手軽に利用することができます。最大で10km以上の通信距離を確保できるほか、その省電力性から、乾電池で数年動くセンサーが開発されるなど、IoTに適した技術としてグローバルで広く普及しています。Kiwitecは2015年からLoRaWANの成長性、可能性に着目し、同技術に対応した独自のゲートウェイ(基地局)やモジュール、センサーデバイスなどを開発、販売しています。

一方、IIJでは、2016年にIIJ IoTサービスを開始し、本格的にIoTビジネスを展開してまいりました。2017年には農林水産省の公募事業として、IoTを活用し水田の水管理コストを削減することを目指した実証実験に取り組んでおり、本実証でKiwitecのLoRaWANゲートウェイを設置し、水田センサーからのデータをLoRaWANで収集するシステムの研究開発を行っています。

この実証を通じて、IIJとKiwitecはお互いの技術を集結し、IoT分野におけるさらなるLoRaWAN活用を推進すべく協業することに至りました。両社は、KiwitecのLoRaWANゲートウェイに対し以下の2つの独自機能を追加し、中小規模でも容易に構築、導入できるようなIoTシステムを提供してまいります。

1.ビルトインサーバ機能

LoRaWANを利用するには、センサーやゲートウェイなどの端末管理および通信の暗号化・復号化を行うためのシステム「ネットワークサーバ」が必要です。通常、ネットワークサーバはクラウド上に構成することが一般的ですが、これをLoRaWANゲートウェイ機器そのものに実装し、ネットワークサーバ機能をビルトインいたしました。システムをシンプルに構成できるようになるとともに、独立したネットワークサーバが不要になり、運用負荷や構築費用を大幅に軽減することが可能になります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519456_01.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン