プレスリリース

アマゾン、新しい商品の受け取りサービスAmazon Hubを導入

2019/9/18 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月18日

Amazon、新しい商品の受け取りサービスAmazon Hubを日本に導入

Amazon Hubによりコンビニエンスストア、各種店舗、駅などで素早く簡単に商品のお受け取りが可能に。セルフサービスの「Amazon Hub ロッカー」と店舗スタッフの受け渡しによる「Amazon Hub カウンター」2019年中に、ファミリーマート小田急電鉄、富士シティオ、昭和女子大学、東京海上日動火災保険、ecbo、りらく、大学生協事業連合などで200か所を超えるAmazon Hubからお受け取りが可能に。

※参考画像は添付の関連資料を参照

2019年9月18日、Amazon(所在地:東京都目黒区)は、新しい商品の受け取りサービスAmazon Hubを導入いたします。Amazon Hubの導入により、お客様はさらに豊富になったお受け取り方法の選択肢から、ショッピングをより快適にお楽しみいただくことができます。9月中に、東京と神奈川において数十か所のAmazon Hubにアクセスできるようになり、年末までには東京、神奈川を中心に約200か所へ拡大を予定しています。さらに2020年以降も日本全国に順次拡大予定です。

Amazon Hubは、お客様がAmazon.co.jpでご購入いただいた多くの商品でご利用いただくことができ、当日お急ぎ便、お急ぎ便、通常配送のいずれかをお選びいただけます。Amazon Hubのサービスは、すべてのお客様が追加費用不要でご利用いただけます。

Amazonはこれまでに、当日お急ぎ便や、お急ぎ便、お届け日時指定便など、多くの配送サービスをお客様へ提供することで、配送の利便性を向上してまいりました。この度、商品のお受け取りの利便性向上に焦点を当て、置き配指定サービスに加えて、新たに日本でAmazon Hubを導入いたします。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジェフ ハヤシダは、「Amazonには長いイノベーションの歴史があり、私たちは常に最先端のテクノロジーによって、商品の配送とお客様のお受け取りの環境向上に努めています。Amazon Hubの導入により、お客様がより快適に商品をお受け取りいただけるようになることを大変嬉しく思います。私たちはお客様の声に耳を傾けるだけでなく、各配送パートナーの皆様から配送環境に関するご意見を伺いました。今年2月より開始した『置き配指定サービス』に加え、Amazon Hubの導入により、再配達を軽減し、お客様の利便性をさらに向上させ、ドライバーの皆様への大きな支援になると考えています」とコメントしています。

Amazon Hub ロッカーは、お客様が選択したご希望の場所で、商品を便利にお受け取りいただけるサービスです。ロッカーは、どなたでも簡単にご利用いただけます。お客様はAmazonで商品のご注文時に、配送先としてご希望のロッカーを指定します。Amazonより商品が発送され、ロッカーへ配達が完了すると、お客様に受け取り準備完了の通知メールが送信されます。メールに記載されている受取バーコードをロッカーのスキャナーでスキャンするとロッカーが開き、商品をお受け取りいただくことができます。保管期間は3日以内となります。

Amazon Hub ロッカーを設置いただく提携企業様から以下のようにコメントをいただいています。

○株式会社ファミリーマート 代表取締役社長 澤田貴司様

 「ファミリーマートは、Amazonとの協業に大きな期待を抱いております。Amazon Hub ロッカーの展開により、お客様へ商品受取の新たな選択肢を提供することによる利便性の向上や、店舗のオペレーションの負荷軽減を実現すると共に社会問題となっている再配達問題の解決も積極的に推進いたします。」

○小田急電鉄株式会社 取締役社長 星野晃司様

 「国内鉄道会社で初となるAmazon Hub ロッカーの提供により、Amazon様の商品の受け取り拠点として、当社駅等を活用いただけるようになります。駅を起点とした日常生活動線上で商品を受け取れることは、お客さまにとって利便性向上につながり、また社会課題の解決という視点においても、非常に価値ある施策です。Amazon Hub ロッカーの導入は、小田急沿線のお客さまの沿線生活ライフスタイルを便利で快適にするものであると確信しています」

○富士シティオ株式会社 代表取締役会長 菊池淳司様

 「今回Amazonとの業種を超えたAmazon Hub ロッカーでの提携により、富士シティオならびにAmazonのお客様に、新たな利便性をご提供できるようになることを確信しております。富士シティオはお客様の利便性を追求し、これからも地域のお客様の『なじみの店』であり続けます」

Amazon Hub カウンターは、お客様が普段生活で良く利用される店舗で、スタッフから簡単に商品をお受け取りいただけるサービスです。お客様は商品のご注文時に、配送先としてAmazon Hubカウンターを指定します。Amazonより商品が発送され、店舗へ配達が完了すると、お客様へ受け取り準備完了の通知メールが送信されます。メールには、受取バーコードが記載されています。店舗では、店舗スタッフがお客様の受取バーコードをスキャンし、商品とお客様の情報を照会し、商品をお客様へお渡しします。店舗では、そのバーコードをスタッフに見せていただけば、スタッフがお客様に商品をお渡します。保管の期間は14日以内です。

Amazon Hub カウンターを設置いただくパートナー企業様から以下のようにコメントをいただいています。

○ecbo株式会社 代表取締役社長 工藤慎一様

 「ecboは『モノの所有を、自由に。』する世界を目指し、事業を展開しています。その中で「物流」はecboにとって大きなテーマでした。物流業界が抱えるラストワンマイル配送の大きな課題を解決するべく、日本全国47都道府県にあるecbo cloak加盟店で宅配物を受け取ることができる「ecbo pickup」の開発を進めています。この度、Amazonとのラストワンマイル課題についての思いが重なり業務提携することとなりました。日本最大のECサイトであるAmazonと業務提携ができることを大変嬉しく思います。ecboが日本全国にあるecbo cloak加盟店を宅配物の受け取り店とすることで、ユーザーにとっては新しい荷物受け取りの選択肢に、そして荷物の受け渡しをするecbo cloak加盟店にとっては新しい集客の機会創出につながります。

ecboは、Amazonと協力し、物流のラストワンマイル課題を解決していきます」

○株式会社りらく 代表取締役社長兼 CEO 二瓶拓穂様

 「Amazonとの連携を通じて、全国の『りらくる』店舗のご近隣地域の皆さまに利便性を提供するとともに、再配達などの社会課題の解決に貢献する機会を得られることを大変嬉しく思います。さらに、これまで『りらくる』をご利用いただいたことがない皆さまにも『りらくる』自慢の『もみほぐし』によるリラクゼーション、癒しを提供し喜んでいただけることも期待しています」

Amazonは、引き続きより多くの中小企業や小売店などを含むAmazon Hubの導入に、ご協力いただけることを期待し、今後も引き続きお客様に商品をお届けする「ラストワンマイル」に関わる業界全体と協力・連携し、お客様のさらなる利便性向上を目指します。

<Amazonについて>

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519414_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]