/

富士経済、ポリウレタン関連市場調査結果を発表

発表日:2019年9月12日

ポリウレタン関連市場を調査

―2019年世界市場見込(2018年比)―

■ポリウレタン原料 2,236万トン(3.6%増)/510億ドル(7.8%減)

 ~需要は堅調も、金額ベースでは原料の生産トラブルなどによる価格高騰が収まり縮小~

総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋小伝馬町 社長 清口 正夫)は、原料の生産トラブルに見舞われながらも新興国の経済成長に伴い堅調な需要が続くポリウレタンの世界市場を調査した。その結果を「2019 ポリウレタン原料・製品の世界市場」にまとめた。

この調査では、ポリウレタンの原料や製品、原料製造時に使用される中間原料、製品製造時に使用される副原料と中間製品など幅広い市場を網羅した。

<調査結果の概要>

■ポリウレタン原料(ポリオール、イソシアネート)世界市場

*グラフ資料は添付の関連資料を参照

ポリウレタンはポリオールとイソシアネートを合成させた樹脂であり、断熱材やクッションなどの発泡品、塗料や接着剤などの液状品、エラストマーや皮革など多様な製品に用いられる。

新興国の経済成長に伴い、主要なポリウレタン製品であるウレタンフォームや塗料、インキ、接着剤、シーリング材、エラストマーなどが伸びており、ポリウレタン原料であるポリオール、イソシアネートの需要も増加している。原料の生産トラブルや中国の環境規制強化などにより需給がひっ迫したことで2017年後半に価格が高騰したが、需給が安定した2018年以降、反動により価格低下が続いていることから、金額ベースでは2018年は微減、2019年は大幅減が予想される。特にイソシアネートの縮小が大きく、2019年はポリオールは横ばいの一方でイソシアネートは2018年比15.5%減が見込まれる。

ポリオールはPPG、PEP、PTMGが中心である。PPGとPEPが汎用的に使用され、耐水性や可とう性が求められる場合はPPG、耐熱性や機械強度が求められる場合はPEPと使い分けられる。PTMGはスパンデックス向けがメインである。PCLやPCDはPUD(ホ゜リウレタン樹脂テ゛ィスハ゜ーシ゛ョン)向けが伸びている。

イソシアネートはMDI、TDIが汎用的に使用されており、混合して使用することもある。TDIは毒性の懸念があることからMDIへシフトしつつあるが、柔軟性が要求される軟質ウレタンフォーム向けで根強い需要がある。環境規制強化に伴いPUDの原料として用いられるHDIやH12MDIは需要増加が予想されるが、HDIは原料の供給不足により生産量を増やせない状況にあり、代替品としてバイオマス原料を用いるPDIの採用拡大も期待される。

※ポリオール、イソシアネートの個別品目の正式名称については調査対象を参照。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519054_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0519054_02.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン