2019年9月23日(月)

プレスリリース

日本マイクロソフト、ビジネスリーダー層がAIの知見を深める支援策「AI ビジネススクール」を提供

2019/9/11 17:20
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月11日

お客様のビジネスリーダー層におけるAIの知見を深める支援策

「AI ビジネススクール」を提供

~業種業態毎のグローバルでの導入事例をもとに、実践的な知識の習得を図る~

日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区)は、AIを自社ビジネスに生かす過程において、ビジネスリーダー層がよく直面する戦略策定や意思決定、企業文化変革などの課題をどのように取り組み、事業変革を進めていくのかについての理解促進を目的とした、「AI ビジネススクール」の日本語版を提供開始します。

「AI ビジネススクール」は、経営層やビジネスリーダー層を対象に、ビジネスの意思決定やAIを組織に導入するにあたり必要となる知識について、業種業態毎の導入事例に基づき、実践的な方法で習得できるプログラムです。

従来、AIに関連する理解促進を目的としたコンテンツは、開発者やエンジニア、データサイエンティストなどを対象とした、開発手法や技術情報の提供を主とする専門家教育に特化したものが一般的でした。

今日、開発者など技術者層などの専門家だけでなく、マネジメントやリーダー層がAIを理解することが不可欠であるとの認識が広まりつつあります。マイクロソフトは、こうした状況に対応するため、グローバルビジネススクール INSEADと提携し、各国におけるAI導入に関する業種業態毎のベストプラクティスを例に、AIに関する戦略や文化を学び、理解を深める「AI ビジネススクール」を開発しました。

「AIビジネススクール」のコンテンツは、以下の4項目から構成されます。

・AI戦略の策定:組織におけるAIの役割について戦略的かつ総合的に考えるためのフレームワークを確立

・AI活用に向けた組織文化の醸成:AIを活用して、財務、マーケティング、営業およびお客様サービス向けのソリューションを提供できる組織への変革を推進

・ビジネスにおける責任あるAIのあり方:リソース、ベストプラクティス、およびツールを備えたガバナンスモデルを開発するためのガイドラインを作成

・ビジネスリーダー向け最新AIテクノロジー:組織が活用できるAIツール、製品、およびサービスの最新状況の理解

日本においては、この4項目のコンテンツを活用して、オンラインでの講習(無償、オンデマンド)と、パートナー企業によるハンズオン形式でのセミナーを提供します。

【AI ビジネススクール日本語版】

・サイト:< https://www.microsoft.com/ja-jp/ai/ai-business-school

・オンライン版(無償)< https://aka.ms/aibizsch_jp

5業種(製造、小売、医療、金融、政府/公共機関)、6モジュール

さらに、先般日本における「AIビジネススクール」の理解をより深め、展開するために起業家・エンジニア養成学校であるG's Academyと連携し、企業研修プログラム「AI Biz Camp」(有償)を2019年10月より開始するとともに、ビジネス協創コミュニティ「MS AI Guild」を設立し、受講企業間におけるビジネス協創の場と、エンジニア人材とのマッチングの機会を提供し、受講後の事業変革を支援します。

【AI Biz Camp + MS AI Guild コミュニティ】

○期間:2019年10月開始予定

○内容:社員研修形式でのAIトレーニング(有償)

○対象:ビジネスリーダー(経営幹部層および、経営企画、総務担当者)および社内エンジニア

・AIトランスフォーメーションの全体像を把握できる1 Day CAMPに参加

・コミュニティ「MS AI Guild」の提供

 月一回AIを軸とした企業間情報交換やセミナーを実施

以上

◆マイクロソフトに関する詳細な情報は、下記マイクロソフトWebサイトを通じて入手できます。

・日本マイクロソフト株式会社 Webサイト

 < http://www.microsoft.com/ja-jp/

・マイクロソフトコーポレーション Webサイト

 < https://www.microsoft.com/en-us

*Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの 米国及びその他の国における登録商標または商標です。

*その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本ニュースリリースのすべての内容は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。正式な社内承認や各社との契約締結が必要な場合は、それまでは確定されるものではありません。また、様々な事由・背景により、一部または全部が変更、キャンセル、実現困難となる場合があります。予めご了承下さい。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。