プレスリリース

京大、小脳炎症時の神経活動の過興奮によって鬱様症状が起こる仕組みを解明

2019/9/11 16:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月11日

小脳炎症時の神経活動の過興奮によって鬱様症状が起こる仕組みを解明

大槻元 白眉センター特定准教授、キム・ミンス 同特定准教授、山本正道 医学部附属病院特定准教授、今井宏彦 情報学研究科助教、板倉大和 同学部生(研究当時)の研究グループは、小脳で細菌感染が関わる炎症が起こると、神経細胞の可塑性が誘導されて脳の過興奮が起こること、さらに小脳炎症時に、鬱様症状や自閉症様症状が起こることを見出しました。また、それらの行動異常を免疫抑制によって回復させることに成功しました。

本研究では、脳に微生物が侵入した後、脳内の免疫細胞であるミクログリアが活性化し、脳の神経活動を変化させ(神経細胞の興奮性可塑性を誘導)、鬱や自閉症のような行動異常を引き起こすメカニズムを明らかにしました。また、こうした行動異常は、小脳炎症時に大脳皮質前頭前野での活動が強まることによるという結果も得ました。さらに、炎症性サイトカインを薬剤で抑えたり、ミクログリアを脳内から除去することで、小脳炎症時で見られた動物の行動異常を回復させることにも成功しました。

本研究成果は、2019年9月11日に、国際学術誌「Cell Reports」のオンライン版に掲載されました。

※図は添付の関連資料を参照

■詳しい研究内容について

・小脳炎症時の神経活動の過興奮によって鬱様症状が起こる仕組みを解明

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/documents/190911_2/01.pdf

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518928_01.png

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]