プレスリリース

大和証券グループ本社とクレディセゾン、資本業務提携を合意-「次世代の総合金融サービス」の開発・提供

2019/9/5 17:40
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月5日

株式会社大和証券グループ本社と株式会社クレディセゾンとの資本業務提携に関するお知らせ

株式会社大和証券グループ本社(本社:東京都千代田区、代表執行役社長 中田 誠司)と、株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 COO 山下 昌宏)は、両社が創業以来培ってきた金融ビジネスに関するノウハウと顧客ネットワークを相互に活用し、多様化するマーケットニーズに対して「次世代の総合金融サービス」を開発・提供し、「金融の未来」を創造することを目的に資本業務提携を行うことに合意いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

    記

1. 本資本業務提携の理由

大和証券グループは、昨年度からスタートした中期経営計画「"Passion for the Best"2020」において、伝統的な証券ビジネスを核に、外部ネットワークや周辺ビジネスの拡大・強化によるハイブリッド型総合証券グループとしての「新たな価値」の提供を目指しております。

クレディセゾンは、今年度からスタートした中期経営計画において『お客様と50年間を共に歩むファイナンスカンパニーへ~お金に関する「安心」と「なるほど」を~』をミッションステートメントとして、決済プラットフォームやファイナンスプラットフォームを基盤にお客様のQuality of Life向上に資する最適なサービスを提供していくファイナンスカンパニーへの転換に挑戦しております。

これまで大和証券グループとクレディセゾンは、独立系大手として、証券業界及びクレジットカード業界の発展に努めてまいりました。しかし、昨今のテクノロジーの進化や人生100年時代の到来、デジタルネイティブ世代の台頭など、経営を取り巻く環境は劇的に変化しており、金融サービスにおいても、これまでの伝統的な金融サービスから脱却し、時代に沿ったマーケットニーズへの柔軟な対応が求められております。

このような状況のなか、両社はこれまで培ってきた証券事業及びクレジットカード事業を核とする金融ビジネスのノウハウと顧客ネットワークを活用・融合した、次世代の総合金融サービスの開発・提供を目的として、資本業務提携することに合意いたしました。

大和証券グループは、富裕層、高齢層を含むあらゆる層の多様なニーズに対応するための体制を整えており、また、強固な営業基盤やDaiwa Innovation Networkなどを通じてベンチャーネットワークを構築し、構造的に競争優位を維持できる強固なIPOプラットフォームの確立を進めております。一方、クレディセゾンは、様々なビジネスパートナーとの協業を通じて約3,700万人(グループ含む)のクレジットカード会員、特に小売業との提携やポイント投資のサービスにより、資産形成に関心が高い顧客を多く有しております。また、法人・個人事業主向けカードの発行を通じた経費削減・業務効率化や売掛金の早期買取等によるキャッシュフロー改善サービスなど、企業に対するファイナンスサポートを行ってまいりました。

両社が協業し、顧客ネットワークの相互活用、及びオープンイノベーションを推進することにより、多様化する現代のマーケットニーズに対応可能な次世代の総合金融サービスを開発・提供できると確信しております。また、長期的なパートナーシップのもと、両社で「金融の未来」の創造に向け、協働してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518503_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]