プレスリリース

企業名|産業
LINE商社・サービス

LINE Pay、「LINE 家計簿」の登録ユーザー数が400万人を突破

2019/9/3 13:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月3日

LINE 家計簿、登録ユーザー数が400万人を突破!

アプリ版新機能として、予算管理機能の提供を10月上旬より開始

10月からの消費増税に対応し、支出管理をより強化、効率的な貯蓄をサポート

LINE Pay株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 CEO:高 永受)は、アプリ版(iPhone・Android対応)と「LINE」上からご利用いただけるLINE版の家計簿・資産管理サービス「LINE 家計簿」において、登録ユーザー数が400万人(※1)を突破いたしました。また、アプリ版の新機能として、予算管理機能の提供を10月上旬より開始しますのでお知らせいたします。

※1 「LINE 家計簿」の利用規約に同意したユーザー数。

*参考画像は添付の関連資料を参照

「LINE 家計簿」は、「楽しくつづける。楽しくたまる。」をコンセプトに、家計簿をつけたことのないユーザーや、これまでなかなか家計簿が続かなかったユーザーでも「LINE」上で簡単に収支の記入・管理ができ、賢く効率的な貯蓄を可能にする、完全無料の個人向けの家計簿・資産管理サービスです。モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」での送金や支払い、チャージなどの利用履歴や残高確認が自動で取り込まれ、「LINE 家計簿」に反映されます。アプリ版(iPhone・Android対応)と「LINE」の「ウォレット」タブからアクセスできるLINE版の2種類を提供しております。

アプリ版では、銀行やクレジットカードなどの金融サービスと連携でき、それらの情報を一括して管理し、家計簿を自動作成することができます。また、レシートを撮影すると自動で支出が入力できます。LINE版は、「LINE」からすぐに起動でき、公式アカウントのトーク画面上で収支の記録や、連携した金融サービスの情報を確認することが可能です。

2018年11月のサービス開始から、幅広い年齢層のユーザーにご利用いただき、このたび2019年8月末時点登録ユーザー数400万人を突破いたしました。

■予算管理機能について

2019年10月に施行される消費増税に伴い、軽減税率対象品目を除いた日常生活に関わる多くのものが10%の増税対象となります。家計の支出増加が見込まれることから、今まで以上に日々の支出の把握や家計の見直しが必要となってきます。このような背景とユーザーからの要望を受け、「LINE 家計簿」では10月上旬にアプリ版の新機能として予算管理機能をリリースすることになりました。この機能の活用を通して家計の支出管理を見直す機会を提供し、効率的な貯蓄をサポートしてまいります。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518213_01.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518213_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]