プレスリリース

企業名|産業
三井不動産建設・不動産

三井不動産など、「(仮称)OH-1計画」B棟上層階のホテル名称を「フォーシーズンズホテル東京大手町」に決定

2019/9/2 15:55
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月2日

~東京大手町にて推進中の「(仮称)OH-1 計画」ホテル区画~

「フォーシーズンズホテル東京大手町」に名称決定 2020 年夏開業予定

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区)とフォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ(本社:カナダ・トロント)は、このたび、強いパートナーシップのもと、東京都千代田区大手町一丁目 2 番地区において推進中の「(仮称)OH-1 計画」B 棟上層階のホテル名称を「フォーシーズンズホテル東京大手町」に決定いたしましたので、お知らせいたします。なお、開業は 2020 年夏を予定しております。

*参考画像は添付の関連資料を参照

本ホテルは、三井物産株式会社と三井不動産株式会社が共同で開発を推進している都内でも有数の大規模複合再開発プロジェクトの上層階に位置しております。本計画は、オフィスを中心とした 2 棟の複合用途ビル(建物延床面積:約 36 万m2)の開発計画で、最先端の機能を備えたオフィスに加え、当ホテルやビジネスとエンターテインメントの両方に対応した多目的ホール、皇居に面した約 6,000 m2の緑地広場等、多様な機能や用途を複合化させたミクストユースな街づくり計画を推進しております。

なお、本ホテルの運営は、三井不動産リゾートマネジメント株式会社(※1)とフォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツとのパートナーシップ契約により、フォーシーズンズが行い、総支配人には、ラグジュアリーホテルでのマネジメント経験が豊富なアンドリュー・デブリト(Andrew Debrito)氏(※2)の就任が決定しております。デブリト氏は本ホテルの総支配人に加え、フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ リージョナルバイスプレジデント(※3)としての役割も担っております。

<本ホテルの特長>

(1)世界を代表するラグジュアリーホテル「フォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツ」

(2)日本有数の眺望・ロケーションに位置するランドマークホテル

(3)世界のデザイン界を代表するトッププレイヤーの参画

※1 三井不動産リゾートマネジメント株式会社は、三井不動産の 100%子会社であり、当ホテルおよび「ハレクラニ沖縄」(2019 年 7 月 26 日開業・計 360 室)および「(仮称)京都二条ホテルプロジェクト」(2020 年夏開業・計 161 室)の運営会社となります。

※2 詳細は、当リリース 4 頁目をご覧ください。

※3 フォーシーズンズホテル東京大手町、フォーシーズンズホテル丸の内東京、フォーシーズンズホテル京都、フォーシーズンズホテル北京の地域管轄者です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518130_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518130_02.pdf

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]