プレスリリース

富士フイルム、東海大との共同研究で「Hydro Ag+アルコールクロス」を用いた環境消毒を実施

2019/9/2 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年9月2日

インフルエンザ集団感染抑制効果を確認

富士フイルム 東海大学との共同研究で除菌効果が長時間持続する「Hydro Ag+アルコールクロス」を用いた環境消毒を実施

富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、東海大学(医学部 梅澤和夫准教授ら)と、当社独自の抗菌技術により除菌効果が長く持続する、環境清拭材「Hydro Ag+(ハイドロ エージープラス)アルコールクロス/スプレー」を用いて、「学校内での環境消毒の有用性」に関する共同研究を実施し、対象となる神奈川県内の公立中学12 校全てで 2018/2019 年シーズンにインフルエンザによる学級閉鎖が発生しなかったという結果を得ましたのでお知らせいたします。「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー」を用いた環境消毒を実施することでインフルエンザ集団感染抑制効果が期待できます。

【研究の背景】

日本では、毎年多くの季節性インフルエンザ患者が発生しています。小・中学校では、インフルエンザによる出席停止者が同時期に一定数を超えて発生すると、学校長の判断により学級閉鎖が指示され、児童・生徒の学習に影響を及ぼします。また、季節性インフルエンザ流行期は入学試験時期と重なるため、感染予防が極めて重要です。医療施設では、インフルエンザの感染拡大防止策のひとつに環境消毒を組み入れ、一定の効果が認められていますが、教育現場では、感染拡大対策としての環境消毒、およびその効果の確認が十分に進んでいませんでした。そこで今回、学校内での環境消毒によるインフルエンザの感染拡大防止効果の研究を行いました。

■「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー」について

今回、環境消毒に用いた当社の持続除菌環境清拭材「Hydro Ag+アルコールクロス/スプレー」には、独自の抗菌技術「Hydro Ag+」により銀系抗菌剤と室内で硬化する超親水ポリマーがアルコール溶液中に安定的に分散されています。本製品を使用すると、対象物がアルコール除菌されるとともに、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が形成され、アルコールが蒸発した後も除菌効果が持続します。2017年2月の発売以来、医療や介護の現場、一般家庭における環境消毒用途として多くの方にご活用いただいています。

※製品画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518066_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0518066_02.pdf

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]