プレスリリース

企業名|産業
九州電力素材・エネルギー

九州電力、消費税法改正に伴う料金単価の見直しを実施

2019/8/28 16:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月28日

消費税法改正に伴う料金単価の見直しを行います

-新税率10%を反映-

当社は、消費税法改正により2019年10月1日から消費税率が引き上げられることに伴い、料金単価を見直すことといたしましたので、お知らせいたします。

なお、ご家庭など低圧のお客さまの電気料金を定めた「特定小売供給約款」、ならびに「離島供給約款」および「電気最終保障供給約款」について、本日、経済産業大臣に対し、変更届出を行いました。

1 内容

電気料金単価を10%の税込単価へ見直しました。

2 適用時期

○低圧・高圧(契約電力500kW未満)のお客さま 2019年11月分の電気料金から

○高圧(契約電力500kW以上)・特別高圧のお客さま 2019年10月分の電気料金から

〔補足〕「10月検針日から11月検針日の前日までのご使用分」からの適用となります。

 なお、2019年10月1日以降に新規にご使用のお客さまは、ご使用開始日から新単価を適用いたします。

■(参考1)ご家庭(契約電流:30A、使用電力量:250kWh)1か月当たりの影響額

※表資料は添付の関連資料を参照

(注)燃料費調整額は含まず、口座振替割引額、再生可能エネルギー発電促進賦課金を含みます。

■(参考2)お客さまへのお知らせ方法

9、10月分の検針票および当社ホームページ等でお知らせいたします。

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517724_01.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]