2019年9月19日(木)

プレスリリース

サミット、ダブルフロンティアと提携しお買い物代行サービス「ツイディ(twidy)」を開始

2019/8/28 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月28日

サミット、お買い物代行サービス『ツイディ(twidy)』を開始

ダブルフロンティアと提携

サミット株式会社(本部:東京都杉並区永福、代表取締役社長:竹野 浩樹、事業内容:食品スーパーマーケット及びその他生活関連商品の小売チェーン、以下:サミット)は、ダブルフロンティア株式会社(本社:東京都千代田区西神田、代表取締役社長:八木橋 裕、事業内容:お買い物代行サービス『ツイディ(twidy)』の運営、以下:ダブルフロンティア)と提携し、お買い物代行サービスの提供を2019年9月19日より開始します。

今回の提携によって、「サミットストア深沢坂上店」、及び「サミットストア三田店」の周辺地域から、お買い物代行サービス『ツイディ(twidy)』を通じて、サミットの商品が購入可能となります。今後も状況を見ながら、両店での取扱商品・配達エリア、およびサミットストア対象店舗の拡大を検討してまいります。

◆提携の背景

お客様のライフスタイルは益々多様化し、日々のお買物や食事へのニーズも多種多様になりつつあります。とりわけ共働き世帯やシニア世帯が増加するとともに、育児や家事、仕事で忙しいお客様は、日々お店で買物したくても来ることができない様々な事情があり、お買い物代行サービスへの期待が高まっています。

ダブルフロンティアは、2018年よりお買い物代行サービス『ツイディ(twidy)』を開始しました。育児や介護で手が離せない、体調不良や怪我で買物に行けない、お店が遠くて行きづらい、代わりに買物に行ってくれる家族がいない、仕事が忙しくて買物に行く時間がない、といった「買物の課題」を、お買い物代行サービスでサポートして、解決することを目指しています。サービス開始以降、更なる事業展開を模索してきましたが、サミットと議論を進めながら、事業ビジョンや基軸となる価値観を共有する中で、協業の可能性を強く感じ、今回の両社提携が実現することとなりました。

サミットは1963年に1号店を世田谷に出店して以降、東京、神奈川、千葉、埼玉に114店舗(2019年8月時点)を展開しています。「サミットが日本のスーパーマーケットを楽しくする」を事業ビジョンに掲げ、地域やお客様に寄り添ったサービスを心掛けてまいりました。2018年10月には全社プロジェクトチーム「SDX(Summit Digital Transformation)」を立ち上げ、キャッシュレス時代への対応、省人化への対応、次世代EC、デジタル世代顧客へのアプローチ等、テーマを設けて様々な検討を行ってきました。本件はその一環として、お客様の買い方ニーズの多様化に向き合う中で、ダブルフロンティアとの提携・お買い物代行サービスの提供を通じて、お客様の利便性向上を図ります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0517656_01.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。