2019年9月22日(日)

プレスリリース

サンクトガーレン、国産ホップ仕込みビール「FRESH HOP IPA」を数量限定発売

2019/8/16 12:05
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月16日

今夏収穫の国産ホップ仕込みビール「FRESH HOP IPA」9月5日発売

マッシュホップ手法を取り入れ、ホップ風味がより華やかに

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本 伸久)は今年 8 月に山梨県北杜市で収穫したホップで仕込んだ「FRESH HOP IPA(フレッシュ ホップ アイピーエー)」を 2019 年 9 月 5 日(木)より数量限定で販売します。

ホップは"かいこがね(甲斐黄金)"という国産 1 号ホップです。生育段階の一時期、葉が黄金色になるためこの名が。フローラルな柑橘の香りが特徴です。山梨県北杜市生まれのホップで、昭和初期は市内 800 軒の農家が栽培していましたが、今はほんの数軒しか栽培していません。

ホップはビールの香りと苦味のもとになる主原料です。通常、ビールに使うホップは夏に収穫したものを乾燥処理したものです。1 年中安定した品質のホップを使うために乾燥処理は欠かせません。しかし、その工程において(微量ですが)香りの成分の揮発することも避けられません。

とれたてそのままのホップで仕込むビールは、限られた場所(ビール醸造所とホップ畑の距離が近い)、限られた時期(ホップの収穫時期)でしか造ることが出来ません。

このビールはフレッシュなホップの香りを存分に楽しめるよう、ボディ(糖度)を極限までドライに仕上げた Brut IPA(ブリュットアイピーエー)というスタイル。大量のホップは全て、理論上ホップの苦味が抽出されない麦汁煮沸後に投入。苦味は微かで、柑橘のようなホップフレーバーだけをビールに凝縮させました。ドライな飲み口に圧倒的ホップ感。"ホップのシャンパン"のようなビールです。

*商品画像は添付の関連資料を参照

【商品名】FRESH HOP IPA

【内容量】330ml

【希望小売価格】460 円(税抜)

【発売日】2019 年 9 月 5 日(木)

【販売場所】当社オンラインショップ、他全国の取扱店

 ※樽生有

■今年新たに「マッシュホップ」の手法を取り入れ、ホップ風味がより華やかに

サンクトガーレンが北杜市のホップを使い始めたのは 2012 年からですが、今年は過去最高の収量がありました。それを活用して、今回新たにマッシュホップという手法を取り入れました。通常は麦汁の煮沸段階で入れるホップを、その前の麦汁をつくる糖化段階でも入れてしまうものです。

もともとのホップ投入工程に加えてマッシュホップを行ったため、ホップの風味がより華やかになっています。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

商品画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516776_01.jpg

商品画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516776_02.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。