2019年9月22日(日)

プレスリリース

アップル、ワイヤレススピーカー「HomePod」を8月23日より日本で販売開始

2019/8/16 10:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月16日

HomePod、8月23日(金)より日本で販売開始

革新的なワイヤレススピーカーが、没入感のあるリスニングの体験をHi-Fiサウンドで提供します。

※参考画像(1)は添付の関連資料を参照

Appleの革新的なワイヤレススピーカー、HomePodが、日本で本日より予約注文開始、8月23日(金)より販売開始となります。HomePodはどこに置いても素晴らしいオーディオクオリティを提供し、Appleが開発した独自のオーディオテクノロジーと高度なソフトウェアの組み合わせにより、部屋を満たす高精度の音を提供します。HomePodはSiriとApple Musicのサブスクリプションと連動して、これまでにないリスニングの体験を創造します。また、ボイスコントロール対応デザインとなっているため、大音量で音楽を再生中でも部屋の反対側から「Hey Siri」と呼びかけて操作することができます。

「HomePodは、Hi-Fiサウンドを提供するパワフルなスピーカーテクノロジー、Apple Musicライブラリにある何百万もの楽曲、そしてリスナーの音楽の嗜好や好みを学習して、よりパーソナライズされたミュージックの体験を提供するSiriの知性を備え持つ、音楽ファンのための完璧なワイヤレススピーカーです。日本のお客様にHomePodをお届けできることに興奮しており、お客様のご自宅でどれほど素晴らしい音を出すかを体験していただくのが待ちきれない気持ちです」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、フィリップ·シラーは述べています。

※参考画像(2)は添付の関連資料を参照

HomePodは、Appleが開発したオーディオテクノロジーと先進のソフトウェアを組み合わせ、小型のスピーカーのための新しいオーディオクオリティースタンダードを確立しました。自動室内センシング技術を用いて、HomePodは部屋の中の自らの位置、例えば部屋の隅に置かれているのか、テーブルの上に置かれているのか、あるいは本棚に置かれているのかをすぐに学習し、どこに置かれていてもほんの数秒で没入感のあるリスニングの体験を提供できるように最適化します。HomePodは、深みのあるクリーンな低音を実現するAppleが設計したウーファー、信じられないほど優れた指向性制御でピュアな高周波音を出す7つのビームフォーミングツイーターのカスタムアレイ、そしてパワフルなテクノロジーを組み込み、原音の豊かさと意図を忠実に再現します。

■Apple Music

Apple MusicとSiriとを一緒に使うことで、HomePodは何百万曲もの深い知識を持ち、自宅にいながらにして音楽を発見し、楽しむ新しい方法を作り出します。Apple Musicはユーザが聴いたり、いいねと評価した楽曲を基に個人の好みを学習し、これらの音楽の好みはデバイス間をまたいで共有されます。Siriに「私の好きな曲をかけて」と言ったり、J-Pop、ロック、ポップなど様々なムードやジャンルから選曲するように頼むこともできます。HomePod、Apple MusicそしてSiriを使えば、最高の音楽体験を広告なしで自宅で楽しむことができます。

※参考画像(3)は添付の関連資料を参照

今週のNew Artistは、新しい才能あるアーティストに注目される場所を提供することで日本中で彼らの作品を発見してもらうためのプログラムです。2015年に始まって以来、Apple Musicは、あいみょんやONE OK ROCKなど、人気のある新しいアーティストのデビューリリースや、Top 100:Japanなどのローカルプレイリストをフィーチャーしてきました。

■ステレオとマルチルームオーディオ

HomePodは2つのHomePodスピーカーがステレオペアになるとさらに没入感のあるリスニングの体験を提供し、広いサウンドステージでHi-Fiサウンドを提供します。部屋の中で置かれている位置を感知する空間認識を使い、それぞれのHomePodが、部屋のどこに置かれていても素晴らしい音で聞こえるように、そして一緒になってさらに素晴らしい音で聞こえるように、自動的にオーディオを調節します。AirPlay 2を使うと、EndelなどAirPlay対応アプリケーションから簡単に音楽や他のオーディオコンテンツをストリーミングさせながら、さらにHomePodからHi-Fiサウンドを体験することができます。

AirPlay 2は最高のワイヤレスマルチルームオーディオシステムを実現するもので、AirPlay 2対応スピーカーとテレビで使えるパワフルかつシンプルなインターフェイスによって家のどこからでも簡単に音楽を再生、コントロールすることができます。別の部屋で音楽を再生したり、音楽を部屋から部屋へと移動させたり、複数のHomePodスピーカーで同じ曲をかけたりすることができます。AirPlay 2の操作はどのiOSデバイスのどのアプリケーションからでも行うことができるほか、コントロールセンターからも素早くアクセスしてどの部屋で、またどのスピーカーで何が再生されているかをコントロールすることができます。

※参考画像(4)は添付の関連資料を参照

■ホームアシスタント

HomePodはニュースや天気予報、最新のスポーツのスコアをチェックしたり、複数のタイマーやリマインダーをセットしたり、電話をかけたり受けたりするためにも便利です。スマートホームのハブとして、HomePodは、照明、エアクオリティモニター、ドアロック、セキュリティカメラなど、全世界50ブランド以上から提供されている様々なHomeKitスマートホームアクセサリをコントロールします。「Hey Siri、家の空気質はどう?」または「Hey Siri、キッチンとリビングの照明をつけて」と言ったりするだけです。

■Siri ショートカット

Siriショートカットを使うとHomePodで数多くのアプリケーションをより活用することができます。Siriが毎日よく行う行動を学習し、iPhoneやiPadで「ショートカット」を提案すると、それらのショートカットはHomePodでも使えるようになります。新しいショートカットアプリケーションを使うと、自分用の一連のタスクをHomePodのショートカットとして設定することも簡単です。例えば、「Hey Siri、おはよう」と言うと、キッチンの照明をつけ、やかんを沸かし、天気予報を教えてくれて、好きなプレイリストをかけるといった毎日よく行う行動を一つのシンプルな、カスタム可能なコマンドで行なうことができます。

■セキュリティーとプライバシー

セキュリティーとプライバシーはAppleのハードウェア、ソフトウェア、サービスのデザインの基本となっています。HomePodでは「Hey Siri」がデバイス上でローカルに認識された後でのみ、情報が暗号化され、匿名のSiri識別子を使ってAppleのサーバーに送られます。検索やリクエストは個人識別子とは関連付けられないため、個人情報が集められて広告主や他の組織に売られるといったことはありません。データはエンドツーエンドで暗号化されているので、アクセスすることはAppleも含めてできないことが確保されています。メッセージを送ったり、電話をかけたり、カレンダーの予定を確認するといったなどの個人的なリクエストは、その機能が設定でオンになっており、iOSデバイスがHomePodと同じネットワークにあるときにのみ有効です。

■価格と販売について

・HomePodはホワイトとスペースグレイのモデルが用意されており、32,800円(税別)にて、本日より予約注文開始、8月23日(金)からapple.com/jp、Apple Store各店、Apple製品販売店、携帯電話各社で販売開始されます。HomePodは日本、米国、英国、中国、香港、台湾、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、メキシコそしてスペインで販売されています。HomePodはiPhone 5s以降、iPad Pro、iPad Air以降、iPad mini 2以降、そしてiPod touch(第6世代)以降に対応しています。

・今秋にリリース予定のiOS 13では、HomePodはメッセージや音楽などのパーソナルなリクエストを頼む家族の声を聞き分けられるようになります。英語から対応し始めます。ライブラジオはSiriに10万のラジオ局へのアクセスを提供し、新しいスリープタイマーは一定の時間が来ると音楽をオフにします。Handoff機能を使えば、ユーザは家に帰ると、音楽、Podcastまたは電話をHomePodに簡単に引き継ぐことができます。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516770_01.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516770_02.jpg

参考画像(3)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516770_03.jpg

参考画像(4)

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516770_04.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。