2019年8月18日(日)

プレスリリース

企業名|産業
森永製菓食品

森永製菓、見学施設「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」を鶴見工場内に新設

2019/8/14 15:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月14日

森永製菓 創業120周年事業

お客様へ感謝の気持ちを込めて

森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)

2020年春 森永製菓 鶴見工場内にオープン予定

森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・太田 栄二郎)は、創業120周年を記念し、お客様からの長きにわたるご愛顧への感謝の気持ちを込め、見学施設「森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)」を鶴見工場(横浜市鶴見区)内に新設いたします。

施設の名称は、MORINAGA + ARIUM(ラテン語語源:~の場所)からMORIUMという呼称を作り、MORINAGAが生み(UM)出す様々な価値を体感していただきたいという想いを込め「森永エンゼルミュージアム MORIUM」としました。

1899年、創業者森永太一郎はアメリカに渡り西洋菓子の製造技術を日本に持ち帰りました。日本の人々に栄養価のあるおいしい西洋菓子を届けたいという創業者の夢を受け継ぎ、私たちは「おいしく、たのしく、すこやかに」のビジョンのもと、時代やお客様のニーズにお応えしながら様々な商品を開発、販売してまいりました。商品それぞれに込めた作り手の想いや技術、時代とともに育まれた食シーンや広告デザイン・お客様とのコミュニケーションといった、かけがえのない価値が多くの商品で生まれました。

当施設では、当社商品の歴史や現在の主力商品の技術などを展示や映像を通し体感いただき、森永製菓のこれまでの120年とこれからの未来をお客様と共有させていただきたいと願っております。

*参考画像は添付の関連資料を参照

その他、当施設の新設に伴い、休止しておりました鶴見工場見学も再開いたします。見学者専用通路や見学者専用エレベーターを整備し、より多くの方に見学いただけるようリニューアルいたします。

「森永エンゼルミュージアム MORIUM」は、ミュージアムと工場見学の両方をお楽しみいただける施設として誕生いたします。オープンは2020年春を予定しています。

■工場見学施設概要

・施設名称:森永エンゼルミュージアム MORIUM(モリウム)

・所在地:神奈川県横浜市鶴見区下末吉2-1-1 森永製菓株式会社鶴見工場内

・主な施設:

1階:展示施設(商品展示、歴史展示)、売店

2階:ワークルーム、写真撮影スペース

・施設面積:総面積 1,985m2

・施設休業日:土日祝日、工場休業日

・オープン日:2020年春予定

・その他:事前予約制

 ※施設詳細、事前予約情報については改めてご案内いたします。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516722_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。