2019年8月18日(日)

プレスリリース

リクルート、AI活用の独自査定アルゴリズムを活用した不動産買取・再販事業の加Properly社へ出資

2019/8/14 11:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月13日

AIを活用した独自査定アルゴリズムを活用し不動産買取・再販事業を展開するProperlyへ出資

株式会社リクルートホールディングスの中間持ち株会社である株式会社リクルート(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北村吉弘、以下リクルート)は、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、AIを活用した独自査定アルゴリズムを活用した不動産買取・再販事業を展開するProperly Inc.(プロパリー、本社:カナダ、CEO:Anshul Ruparell、以下Properly)への出資を行いました。

1 背景

通常、中古不動産の売却は不動産仲介業者が介在して行われ、物件価格の査定や内見、売却交渉など多くのプロセスを経る必要があるため、手続きが長期化し、また各種手続きが複雑で分かりにくいといった課題があります。

2 Properly Inc.への出資について

Properlyは、最新のAI技術を利用して、物件の間取り・特徴・ロケーション、周辺の環境・交通状況など100種類以上のデータを基に、中古物件の価格を自動的に高精度で査定するアルゴリズムを開発しました。このアルゴリズムを活用し、物件価格をスピーディに査定し、売主から直接買取り、再販します。本サービスは、不動産売却プロセスを大きく改善し、売却期間を大幅に短縮させることも期待されています。

同社は今後、不動産ローンやリフォームなど、不動産再販に関連するさまざまな周辺サービスを、より多くの地域で展開していきます。

1 商号: Properly Inc.

2 代表者: Anshul Ruparell

3 所在地: 325 Front St. West Toronto, Ontario, Canada

4 設立: 2018年4月

5 主な事業内容: AIを活用した不動産買取再販事業

6 Webサイト: https://goproperly.com

※ロゴは添付の関連資料を参照

リクルートは今回の出資を通じて、同サービスの品質向上及び利用拡大を支援し、Properlyは今回の資金調達により、販促活動、機能開発の強化、展開地域や事業の拡大を行っていく予定です。

3 合同会社RSPファンド6号について

合同会社RSPファンド6号は、リクルートグループの新領域事業の創出を視野に入れた、新テクノロジー・新ビジネスモデルの発掘および事業機会の獲得を目指します。

1 商号: 合同会社RSPファンド6号

2 代表者: 村井宏行

3 所在地: 東京都中央区銀座8-4-17

4 設立: 2014年11月12日

5 主な事業内容: 投資育成事業・ベンチャーキャピタル事業

■About Recruit Group

リクルートグループについて

1960年の創業以来、リクルートグループは、就職・結婚・進学・住宅・自動車・旅行・飲食・美容などの領域において、一人ひとりのライフスタイルに応じたより最適な選択肢を提供してきました。現在、HRテクノロジー、メディア&ソリューション、人材派遣の3事業を軸に、45,000人以上の従業員とともに、60を超える国・地域で事業を展開しています。2018年度の売上収益は23,107億円、海外売上比率は46%を超えています。リクルートグループは、新しい価値の創造を通じ、社会からの期待に応え、一人ひとりが輝く豊かな世界の実現に向けて、より多くの『まだ、ここにない、出会い。』を提供していきます。詳しくは https://recruit-holdings.co.jp/ をご覧ください。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516713_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。