プレスリリース

企業名|産業
日揮建設・不動産
企業名|産業
NTTドコモ情報・通信

NTTドコモと日揮、プラントの設備点検や建設管理の安全性向上・コスト削減に向けた実証と事業創出の検討を開始

2019/8/8 17:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月8日

ドコモと日揮が、プラントの設備点検や建設管理の安全性向上・コスト削減に向けた実証と事業創出の検討を開始

~ドローンやIoTの事業活用をめざし合意書を締結~

株式会社NTTドコモ(代表取締役社長:吉澤 和弘、以下「ドコモ」)と日揮株式会社(代表取締役会長CEO:佐藤 雅之、以下「日揮」)は、石油精製や化学などの大規模プラントに対する設備点検や建設管理を対象として、ドローンやIoTなど新たなテクノロジーを活用した実証と事業創出に向けて検討を実施することに合意しましたので、以下の通りお知らせします。

1.検討背景

国内の石油精製や化学プラントの多くが稼働開始から 30 年以上経過し、保守点検の需要が高まる中、点検にかかるコストや、高所設備における点検員の安全確保が課題になっています。

また大規模プラント建設においては、工事の品質や進捗を管理するうえで現場監督者と本部との情報共有が重要になりますが、海外の大規模建設プロジェクトなどでは、工事進捗情報の精査や管理が煩雑になることから効率化やデジタル化が求められています。

2.検討内容

ドコモと日揮は両社のアセット・ノウハウを活用して、以下の課題解決と事業創出を検討します。

<ドローンなどによるプラントの保守点検>

本取り組みは、ドローンを用いてプラント設備を撮影し、点検者がクラウド上で保守点検のレポートを作成し、点検情報を管理するものです。

従来のプラント保守点検は、数年から十数年に一度の頻度で、莫大なコストと時間をかけて大規模に実施していましたが、ドローンで点検することで、高頻度かつ低コストで行うことが期待できます。また、これまではプラントの周辺に足場を組んで目視で点検を実施していましたが、ドローンによる点検では高所での作業が不要になるため、点検者の安全を確保し、短時間で点検を実施することが可能になります。

ドコモが開発したドローンプラットフォーム「docomo sky(R)」と、日揮グループが提供する、プラント向け統合型保全サービス「INTEGNANCESM」をはじめとした設備管理システムや、プラントの保守点検に係るノウハウを活用した技術開発と現場実証を国内外にて両社で行い、2019年度内のサービスの提供開始をめざします。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516556_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0516556_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]