プレスリリース

企業名|産業
三井物産商社・サービス

三井E&S造船、中国で造船事業合弁会社「江蘇揚子三井造船」の事業運営を開始

2019/8/1 12:10
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年8月1日

中国における造船事業合弁会社の事業運営を開始

三井E&S造船株式会社(本社:東京都中央区、社長:古賀哲郎)は、三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:安永竜夫、以下「三井物産」)、および揚子江船業集団公司(本社:中国江蘇省、董事長:任元林、シンガポール上場、以下「揚子江船業」)との間で造船事業の合弁会社である江蘇揚子三井造船有限公司(中国江蘇省太倉市、社長:宋書明)を設立し、事業運営開始に向けて諸準備を行ってまいりましたが、このほど8月1日を以て、新造船のあらたな製造拠点としての同社の事業活動を正式に開始しました。

近年の造船事業が厳しい競争にさらされる中、世界の造船所は、より高性能・高品質の製品を、より良い価格で、よりタイムリーにお客様に提供する能力が求められておりますが、江蘇揚子三井造船では、この市場の期待に応えるため、三井物産の幅広い営業力と揚子江船業の豊富な生産力にさらに当社の高度な技術力を融合させ、国際競争力のある造船業を実現してまいります。

また、中国でのクリーンエネルギー需要の高まりに応じ、中国の港湾・河川事情を考慮した製品を提供していくことで、中国向けエネルギー関連製品の輸送分野への貢献を図ります。

当社は、江蘇揚子三井造船を、当社の高い技術と高い品質をもった製品をお客様に提供する主要拠点の一つとして位置付け、同社の発展を全面的に支援して行く所存です。

■合弁会社概要

・会社名:江蘇揚子三井造船有限公司

・代表者:宋書明

・住所:中国江蘇省太倉市

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]