プレスリリース

企業名|産業
クボタ機械

クボタ、北米の大型トラクタ市場での事業展開を加速ー自社最大馬力帯のトラクタを投入

2019/7/31 14:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月31日

北米 大型トラクタ事業の拡大に向け、当社最大馬力帯のトラクタを市場投入

株式会社クボタ(本社 大阪市浪速区:社長 木股昌俊 以下、「当社」)は、当社最大クラスの高馬力帯のトラクタをラインナップに追加し、北米の大型トラクタ市場での事業展開を加速します。

当該トラクタは、カスタムOEM相手として新たに戦略的パートナーシップを結んだBuhler Industries Inc.社(本社:カナダ 以下、「ビューラー社」)に開発・製造を委託し事業運営を進めて参ります。

*製品画像は添付の関連資料を参照

1.概要

(1)製品シリーズ名

M8シリーズ

(2)発売日

2020年春シーズンより北米にて販売開始予定

(3)型式

190馬力、210馬力の2モデル

(4)主な特徴

2015年に販売開始したM7シリーズ(130~170馬力)の特長を引き継ぎながら、さらなる高馬力で作業の幅を広げ、より多くのお客様のニーズに応えることができます。

1.操作容易性

農機の大型化に伴い、高性能作業機の操作や精密農業関連の機器類の取り回しなど、操作の複雑化が進んでいます。クボタ独自のアームレスト一体型の操作盤及び、タッチスクリーンモニターをM7シリーズから継承し、「使いやすさ」と「分かりやすさ」を追求しました。

2.長時間作業での快適性

360°の視認性を確保したワイドキャビンとオペレーターの好みにあわせた多彩なシートバリエーションの採用により、長時間作業でもストレスフリーなオペレーション空間を実現しました。

3.高出力エンジン

大型農機市場において豊富な実績を誇るCummins社製6.7リッターエンジンを搭載。190馬力・210馬力の高出力を発揮すると共に、EPA Tier4 Final排ガス規制(※1)にも対応しています。

4.デザイン

先進性と力強さを兼ね備えたM7シリーズとファミリールックのデザインを採用しました。

(5)生産工場

・社名:ビューラー社

・本社所在地:カナダ マニトバ州ウィニペグ

※1 EPA(Environmental Protection Agency、米国環境保護庁)は、市民の健康保護と自然環境の保護を目的とするアメリカ合衆国連邦政府の行政機関。Tier4 Finalはディーゼルエンジン排ガス規制のレベルを表す。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

製品画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515766_01.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515766_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]