プレスリリース

アイティフォー、コンタクトセンターの音声検索ツール「AudioFinder」を販売開始

2019/7/26 10:50
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月26日

【新発売】コンタクトセンターの音声検索ツール「AudioFinder」を販売開始

~オペレーターの会話からリスクを発見、コンプライアンス管理をサポート~

株式会社アイティフォー(東京都千代田区、代表取締役社長 佐藤 恒徳)は、コンタクトセンターソリューションである音声検索ツール「AudioFinder(オーディオ・ファインダー)」(注1)を本日より販売開始します。既に販売している音声認識による会話分析「Nexidia Analytics(ネクシディア・アナリティクス)」の音声検出機能部分をクライアントツール化することで、容易な導入が可能となり、幅広い皆様にご利用いただけるようになりました。

■製品の概要

「AudioFinder」は、コンプライアンス管理やクレーム管理をサポートするリスク発見ツールです。音声をそのまま検出する"ニューラルフォネティックテクノロジー"(音素検索技術)を活用することで、オペレーターの会話をテキスト化せず、通話録音データからそのまま任意のフレーズを含んだ音声を検出します。40言語に対応するほか、さまざまな通話録音システムの音声フォーマットをステレオ/モノラルともにサポートしています。さらにPCにインストールするだけのスタンドアローン型のアプリケーションのため導入コストも抑制でき、しかも導入や運用が簡単でスムーズです。

■製品の特長

・コンプライアンス順守やクレームの把握が可能

コンプライアンス要件に反するフレーズやクレームにつながるフレーズなどを検出することで、オペレーターの発話内容を発見し、オペレーターの品質改善につなげることが可能です。

・操作性が高く、音声の聞きおこし時間の大幅削減による業務効率化が可能

検索操作はたったの2ステップ。任意のフレーズを入力し、検索条件を設定して検索ボタンをクリックするだけの簡単操作です。該当フレーズが再生画面に表示されるため、すぐに確認が可能です。

・声紋検出機能で同一人物の特定が可能

なりすまし犯やクレーマーの声紋を登録することで、特定の声紋が検出することが可能です。

・自動アラート機能

特定フレーズや特定の声紋が検出された際に、自動的にメール送信することが可能です。

・低コストでコンプライアンス対策の開始が可能

PCにインストールするだけの簡単導入。開発や辞書登録が不要なためコスト削減が可能です。

■製品の価格

当製品は、インストール端末ごとに1ライセンスの料金価格です。詳細は当社までお問い合わせください。

■上位製品「Nexidia Analytics」について

当社では、高度な音声認識技術を活用した応対分析ソリューション「Nexidia Analytics」を提供しています。事業成長のカギとなる「お客様の声(VOC:Voice of Customer)」を音素検出と音声認識、会話分析技術で徹底分析。コンタクトセンターの課題の根本原因の発見や解決、コンプライアンス管理、業務改善をご検討の企業に推奨しています。

(注1)「AudioFinder」は、イスラエルに本社を置くナイス社の製品です。

※参考画像は添付の関連資料を参照

■関連製品

・AudioFinder(オーディオ・ファインダー)

https://www.itfor.co.jp/cti/sol_CTI_audioFinder.html

・Nexdia(ネクシディア)

https://www.itfor.co.jp/cti/sol_CTI_nexidia.html

■株式会社アイティフォーの概要

・代表者:代表取締役社長 佐藤 恒徳

・本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル

・事業内容:システムインテグレーター(システム構築)

・東証第一部(4743)

・URL: https://www.itfor.co.jp/

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0515352_01.png

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]