2019年8月23日(金)

プレスリリース

企業名|産業
電通商社・サービス

電通ダイバーシティ・ラボ、UCDAと共同で食物アレルギー事故を防ぐため「みんなのピクト」を開発

2019/7/19 11:30
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月19日

電通ダイバーシティ・ラボが UCDA と共同で食物アレルギー事故を防ぐため「みんなのピクト(TM)」を開発、発売へ

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)においてダイバーシティ&インクルージョン領域に対応する専門組織「電通ダイバーシティ・ラボ」(以下「DDL」)は、食品における分かりやすいアレルギー表示を実現するため、一般社団法人ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会(UCDA/理事長:在間 稔允)(※1)と共同で、ユニバーサルデザイン(UD)ピクトグラム(※2)「みんなのピクト(TM)」を開発し、2019 年 8 月 1 日より予約販売を開始します。

日本では、2001 年 4 月 1 日食品衛生法(現食品表示法)施行(※3)によりアレルゲンの表記が義務付けられ、他にも添加物や原料原産地名など安全のためのわかりやすい表示が求められています。しかし食品パッケージでは表示面積に限りがあるため情報過多となってしまう状況がありました。2020 年 3 月 31 日にはその猶予期間が終了予定となるため食品メーカーにはその対応が急務となります。

その解決に向けて今回開発した「みんなのピクト(TM)」は、上記 2 社が UD フォント「みんなの文字」の開発の際に確立した東京電機大学による試験方法(※4)に加え、理解調査(※5)などのテストを行うことで、高齢者、いろいろな色覚タイプの人にも判別しやすく、小さくても見やすい・わかりやすいピクトグラムとなりました。デザインは電通のアートディレクターが担当し、ユニバーサルデザインの観点から食物アレルギー当事者やその家族などを含む消費者テストを繰り返しながら完成させました。

ピクトグラムは外国人や子どもにも理解されやすいことから、今後使用される場面も飲食店、お土産物などの地域産業から、学校給食、幼稚園、保育園、病院など、アレルギー事故を防止することが求められる場所でも普及が期待されます。

【特定原材料 表示義務のある 7 品目】

*添付の関連資料を参照

「みんなのピクト(TM)」には上記の表示義務のある 7 品目、表示が推奨されている 20 品目に加え、宗教上の問題になりうるアルコール、アレルギー注意喚起ピクトも含まれています。発売されるセットには、食物アレルギー当事者の意見を反映した食品パッケージでのわかりやすい表示例も同梱されています。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

特定原材料 表示義務のある 7 品目

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514791_01.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514791_02.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。