/

JNCと関西学院大、超高色純度の有機ELディスプレイ用青色発光材料を開発

発表日:2019年7月16日

超高色純度の有機ELディスプレイ用青色発光材料を開発

<ポイント>

・色純度と発光効率に優れたディスプレイ用発光材料の開発が求められている。

・窒素とホウ素の特性を生かして、窒化ガリウム系LEDやカドミウム系量子ドットを超える色純度を持つ有機系青色発光材料(ν-DABNA)の開発に成功した。

・有機ELディスプレイの高色域化、高輝度化、低消費電力化、ブルーライトの低減が期待できる。

関西学院大学の畠山 琢次 教授とJNC株式会社の子会社であるJNC石油化学株式会社の共同研究チームは、量子ドットやLEDを超える色純度(注1))を持つ有機ELディスプレイ用青色発光材料の開発に成功しました。

有機EL(OLED)ディスプレイは、液晶ディスプレイに代わるフラットパネルディスプレイとして実用化が進んでいます。しかし、有機系発光材料は、発光の色純度が低い(発光スペクトル幅が広い)という欠点があります。色純度が低いと、ディスプレイに使用する際に、光学フィルターにより発光スペクトルから不必要な色を除去して色純度を向上させる必要があり、結果としてディスプレイの輝度や電力効率が大きく低下してしまいます。また、フィルターによる色純度の向上には限界があるため、ディスプレイの広色域化(注2))が難しいという問題もあり、色純度が高い発光材料の開発が望まれていました。

畠山教授らは、発光分子の適切な位置に2つのホウ素と4つの窒素を導入し、共鳴効果(注3))を重ね合わせることで、発光スペクトルの広幅化の原因である伸縮振動の抑制に成功し、窒化ガリウム系LEDやカドミウム系量子ドットを超える色純度を持つ有機系青色発光材料(ν-DABNA)の開発に成功しました。

同研究チームは、2016年にν-DABNAのプロトタイプとしてDABNA(注4))の開発に成功しており、ハイエンドスマートフォンの有機ELディスプレイに実用されています。今回開発したν-DABNAは、DABNAを大きく上回る色純度と発光効率を示しており、有機ELディスプレイの高色域化、高輝度化、低消費電力化、ブルーライト(注5))の低減などが期待できます。

本研究成果は、2019年7月15日(英国時間)に英国科学誌「Nature Photonics」のオンライン速報版で公開されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514515_01.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン