プレスリリース

SB C&S、米Splunkと販売代理店契約を締結し「Splunk Enterpris」など取扱開始

2019/7/16 14:00
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月16日

Splunk Inc.と販売代理店契約を締結

~ビッグデータを最大限に活用できるデータマネジメントプラットフォームを提供開始~

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)は、Splunk Inc.(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、社長 兼 CEO:Doug Merritt、以下「Splunk」)と販売代理店契約を締結し、ビッグデータ分析ソフトウェア「Splunk Enterprise(R)(スプランクエンタープライズ)」や「Splunk Enterprise」をSaaS(Software as a Service)として利用できる「Splunk Cloud(R)(スプランククラウド)」など、Splunkが提供するサービスのライセンスの取り扱いを開始しました。なお、Splunkは2019年7月18~19日に開催される「SoftBank World 2019」に出展します。

※ロゴは添付の関連資料を参照

■SB C&Sが提供するSplunkのサービス

(1)Splunk Enterprise

Webサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、センサー、モバイル機器など、あらゆるソースのマシンデータを収集、可視化、分析することができるデータマネジメントプラットフォームです。収集したデータを自動的に解析することで、新たなビジネスチャンスの発見や課題の解決、潜在的な問題点の特定などにつなげることができます。

(2)Splunk Cloud

Splunk Enterpriseをクラウドサービスとして提供します。Splunk Cloudを利用することによって、インフラ環境の管理から解放され、短時間で導入することができます。

■サービスの詳細

https://www.it-ex.com/products/maker/splunk/splunk-enterprise-cloud.html

■Splunk Services Japan合同会社 日本法人代表 福島 徹氏からのエンドースメント

「Splunk は、幅広い製品の販売実績を持つSB C&S株式会社による弊社製品並びにサービスの提供開始を心より歓迎いたします。両社は戦略パートナーとして、新規パートナーリクルート活動にも注力しながら、日本のお客様へデータマネージメントの市場において新たな価値提供を目指します。SplunkはSB C&S株式会社との協業関係を通じて日本におけるマシンデータの活用を促進し、日本全体の産業が活性化される事を大いに期待しています。」

■Splunk Inc.について

Splunkは2003年に米国サンフランシスコで創業しました。Splunkは、マシンデータからセキュリティやビジネスのアンサーを引き出すプラットフォームソリューションをお客さまへご提供します。「すべてのユーザーにとって、マシンデータをアクセスしやすく、有益で価値あるものにする」ことを目指し提供するソリューションは、フォーチュン100社中の92社を含む、110カ国1万5,000以上のユーザーの導入実績があります。お客さまは、Splunkのサービスによって従来のデータサイロを解体し、ITユーザーとビジネスユーザーの両方に利益をもたらすオペレーショナルインテリジェンスを達成します。日本法人は、2012年2月に設立され、すでに多くの日本のお客さまにもご利用いただいています。

Webサイト:https://www.splunk.com/ja_jp

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514454_01.jpg

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]