プレスリリース

ハイアットリージェンシー東京、QRコード決済サービス 2種類を追加導入

2019/7/12 12:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2019年7月12日

お客様の利便性向上を目指し、支払い方法の多様化に対応

QRコード決済サービス 2種類追加導入で、6種類に

ハイアット リージェンシー 東京(所在地:東京都新宿区西新宿2-7-2、総支配人:高沢朝美)では、お客様の利便性向上をめざし、2019年7月16日(火)にQRコード決済サービスを2種類追加導入いたします。既にご利用いただいている4種類とあわせて6種類となることで、より便利に決済を行っていただけます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

2019年2月1日に導入した4種類のQRコード決済サービス(Alipay・WeChat Pay・LINE Pay・d払い)の利用頻度の拡大に伴い、お客様の利便性をさらに高めるためQRコード決済サービスを2種類追加導入いたします。

今回追加導入するQRコード決済サービスは、Pay PayとOrigami Payの2種類で、いずれも宿泊のお支払い、全レストラン&バーおよび「ペストリーショップ」でご利用いただけます。キャッシュレスというお支払い方法の選択肢を広げることで、現金を用意したり、海外の通貨を日本円に両替したりするストレスをなくし、お支払いをよりスムーズにすることを目指します。今後もゲストの更なる利便性向上のため、QRコード決済を拡充してまいります。

<ハイアット リージェンシー 東京>

ハイアット リージェンシー 東京は、世界55ヶ国で750軒以上のホテルおよびリゾートを管理、所有、開発、フランチャイズ経営するハイアット ホテルズ コーポレーションの日本初のホテルとして1980年に開業。常に時代をリードする新鮮な感覚と伝統に培われた確かで温かなサービスで、国内外のお客様より高い評価をいただいています。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach_file/0514351_02.JPG

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]